きょうの万年筆

2021.02.25 きょうの万年筆

投稿日:

安田投手

ボクがプロ野球が好きだった頃は、ヤクルトスワローズのファンでした

その中で、投手では安田、打者では若松、大杉のファンだったのですが、どうしてファンになったのかというと…

投手の安田選手が代打で出て、ヒットを打ったシーンを見てなんてめちゃくちゃな球団なんだ…面白い

このシーンは未だに目に焼き付いています

きょうの書き写しは、その安田選手の訃報のコラムでした

ボクの彼のイメージは、そのユーモラスな容姿とは全く逆な侍を感じていました

球速も遅く体型にも恵まれない彼が、活躍できたのは人一倍の努力があったからだと思います

彼のような選手は今後も現れないと思います

大好きな野球選手でした

そんな気持ちを思い出して手に取った万年筆はジリコテ・プロフィットです

とても気持ちよく書いてくれました

現役の頃の彼の勇姿を思い出しながら、書きましたが

それは寂しい気持ちではなくて、クスッとちょっと微笑むような気持ちでした

ありがとう安田選手

ありがとう万年筆

-きょうの万年筆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2021.01.19 きょうの万年筆

バリウム 昨日の人間ドッグでバリウムを飲んだ、その後に飲まされる下剤でいつも悩まされる 元々便秘気味なので、今までは下剤を飲んでもなかなか出ないで焦っていたのだが、今回は効きすぎて大変な思いをした 今 …

2019.09.11 きょうの万年筆

書き出しの字がうまく書けませんでした 出だしの一行目の字が全くなっていなかった、下手くそな字だった。おまけにまだ「さ」の字をお手本の形で書き出せず、三箇所ほど書き出してから、あっ!と思い取り消し線を引 …

2020.03.25 きょうの万年筆

すう〜っと 一文字目の書き出し…あれっ! いつもと違う??? ペン先の感じが…ものすごく良い…どうしたんだろう? 調子が良いことを疑うなんて、なんて贅沢なんでしょうね 半ページ以上この感覚が続くと、も …

2019.11.04 今日の万年筆

一進一退 きのうの夜、青空文庫の書き写しをしている途中から万年筆のフィーリングが一段と良くなった。その感触がまだ残っていて、楽しみに書き出した。 おおっ!と、思ったのは最初の2行目くらいまで、なんだか …

2020.12.04 きょうの万年筆

えっ ペン先をノートに置いて書き出す瞬間…1mmの何分の一程度なのだが、インクがついてこなくて「えっ!」となった だが、その後はとてもとても気持ちよく書くことが出来た よく太字のインクフローの良い万年 …