編集手帳

明るい8月をお願い

投稿日:2018年7月31日 更新日:

2018年7月31日付け「編集手帳」要約

詩人の田中冬二は、与謝野蕪村に時空を超えた才を感じ『サングラスの蕪村』と題して自身の詩集を出版した。
きのう高校野球を見ていると、“サングラスの球児”が外野を駆け巡っていた。
旭川大高は丸刈り禁止で話題になった。
熱暑の今夏は特に従来の姿にとらわれない球児が甲子園で見られるかもしれない。
〈夏河を越すうれしやよ手に草履〉
雨や水の災害が続けど、夏は本来こうでなくては。
球児たちよ、明るい8月をお願い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.12付け「編集手帳」要約

金メダルより美しい物がある

2017年4月12日付け「編集手帳」要約 浅田真央選手(26)が現役を引退するという。 絶望、落胆、失意、悔し涙・・・を一夜にして、 “真央伝説”に変えたソチ冬季五輪のひとこまは誰の目にも焼き付いてい …

2017.03.28付け「編集手帳」要約

寡黙な花に男泣きがよく似合う

2017年3月28日付け「編集手帳」要約 人は以前ほど泣かなくなった。 教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、 泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。 大相撲春場所で負傷を押して強行出 …

2018.09.20付け「編集手帳」要約

意欲が戻る時間も相対的だ

2018年9月20日付け「編集手帳」要約 西脇市の美術館職員が制作資材を運ぶのに30分遅刻し、横尾忠則さんを怒らせた。 「創作意欲が失われた」と立ち去り、展覧会も延期する事態となった。 西脇出身の横尾 …

2018.05.23付け「編集手帳」要約

会見を幹部はどう思ったのだろう

2018年5月23日付け「編集手帳」要約 矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。 アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。 実践形式の練習を …

2018.04.11付け「編集手帳」要約

日本狼の誕生を夢見る

2018年4月11日付け「編集手帳」要約 〈ヒツジが何匹いるかということはオオカミには問題にならない〉 前回のW杯のコロンビア戦、ハメス・ロドリゲスの活躍に思い浮かべた。 6月のロシアW杯が迫るも、日 …