編集手帳

切り札が筒井さん

投稿日:2018年11月11日 更新日:

2018年11月11日付け「編集手帳」要約

作家の筒井康隆さんは、常に高度な実験に挑みつつ、大衆性を失わない。
その魅力を総括するのは難題で、ある意味実験的な催しと言えよう。
世田谷文学館で筒井康隆展が開催されている。
資料も1000点、現役作家では異例の規模だろう。
年譜の文言や、本人が寄せた一文が楽しい。
御年84歳。

「小説退屈やん、って言われた時の切り札が筒井さん」

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.07付け「編集手帳』要約

九州の方、迷惑してませんか

2018年3月7日付け「編集手帳」要約 盃をすすぐことを昔の人はせず、同じ盃で分かち飲むことが原則だった。 だが昭和10年代には、盃を使わないことが原則になっていた。 狛江市の高橋市長が、女性職員に自 …

2018.09.18付け「編集手帳」要約

中華風味の文化をのみ込む巨大市場

2018年9月18日付け「編集手帳」要約 巨大なサメが人間を襲う映画のなかで、今月公開された「MEGAザ・モンスター」のスケール感は特大だ。 じつはこの映画、巨大な中国市場を見据えて製作された。 中国 …

2017.04.14付け「編集手帳」要約

兄貴分の貫禄の見せどころ

2017年4月14日付け「編集手帳」要約 ならず者然とした北朝鮮と、その兄貴分として後ろ盾になってきた中国の関係。 「七三の兄弟分」「四分六の兄弟分」と任侠映画に例えるなら、 どの程度の関係なのだろう …

2017.11.28付け「編集手帳」要約

平均台は体育館だけにあればいい

2017年11月28日付け「編集手帳」要約 目の不自由な人は、駅のホームが大きな平均台と感じ、転落の恐怖を常に感じているという。 それに対して、少しホッとする記事があった。 型の異なる車両が停車した場 …

2017.02.22付け「編集手帳」要約

好奇心を内蔵した魔の写真機

2017年2月22日付け「編集手帳」要約 「魔の写真機」(マノシャシンキ)。 言葉遊びで定評がある和田誠さんのエッセーに教わった。 篠山紀信さんの『篠山紀信展 写真力』の累計入場者が80万人を超えたと …