編集手帳

ぬくもりの恋しい季節がきた

投稿日:2018年11月4日 更新日:

2018年11月4日付け「編集手帳」要約

編み物を完成させるのは大変な作業である。
電気回路のようにどこかで断絶していたら失敗だ。
被災地支援として始まり会社創設へとつながった、「気仙沼ニッティング」。
訓練を経て腕前を上げた地元の女性ら70人ほどが編み手を担う。
規格からほんの少しでもはみ出せば編み直しだ。
厳しい検品の後、手書きのメッセージを添えて発送すると、
購入者からも度々頼りが届く。
返信の文面に新たな回路の開通を実感し、励みにする人も多いそうだ。
ぬくもりの恋しい季節がきた。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.08付け「編集手帳」要約

古の都の伝統と革新

2018年7月8日付け「編集手帳」要約 京都の7月は祇園祭に始まり、祇園祭に終わる。 都市、地方にかかわらず曲がり角を迎えた祭りの話を耳にする。 費用や人手の工面、騒音やごみ投棄への対応等々、次の時代 …

2017.09.21付け「編集手帳」要約

変わっていく高校野球

2017年9月21日付け「編集手帳」要約 高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。 1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前 …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2017.06.28付け「編集手帳」要約

次の完全数は496。まさか、ね。

2017年6月28日付け「編集手帳」要約 「完全数の“28”には愛着があります」。 30年にわたって28連勝の記録を守り続けた将棋の神谷広志八段がいつぞや語っていた。 少し前まで、28連勝は難攻不落、 …

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …