編集手帳

現代の「稲むらの火」を求む

投稿日:2018年10月15日 更新日:

2018年10月15日付け「編集手帳」要約

江戸末期の安政南海地震の際、浜口梧陵は稲束に火を放ち津波から村人を守った。
後に「稲むらの火」の物語となり、後世に語り継がれていく。
大規模な災害が相次いでいる。
政府や自治体が住民の避難誘導で悩んでいる。
西日本豪雨の際、広島県内で避難勧告に従った人は、わずか0.74%だ。
人間には「正常性バイアス」と呼ばれる、精神の平静を保つ本能がある。
これが災害時に逃げ遅れにつながりかねない。
現代の「稲むらの火」が求められている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.10.08付け「編集手帳」要約

米社会の懐の深さは失われていない

2018年10月8日付け「編集手帳」要約 監督も俳優も全員アジア系の映画「クレイジー・リッチ!」が先日公開された。 「白人俳優でなければ客は入らない」というハリウッドの定説を覆し、ヒットした。 けた違 …

2018.03.13付け「編集手帳」要約

滑稽多弁な元理財局長

2018年3月13日付け「編集手帳」要約 「森友学園」問題で、財務省理財局長として不信を招く答弁を国会で繰り返した佐川宣寿氏。 決裁文書の書き換えは国会答弁との整合性を図るためだったという。 国有財産 …

2017.04.02付け「編集手帳」要約

代償が大きすぎる

2017年4月2日付け「編集手帳」要約 多くの場合、机上の論に経験はまさる。 経験が当てにならない場合もある。 「過去になかった」と洪水や土砂崩れのあった地域の住民が途方に暮れる。 これもまた人が経験 …

2018.02.11付け「編集手帳」要約

どうか耳を澄まして

2018年2月11日付け「編集手帳」要約 平昌冬季五輪が始まった。 白銀の世界で躍動する彼、彼女らの体には練習を積み重ね、体得した唯一無二の比率や数式が染みついているに違いない。 冬の五輪にはきまぐれ …

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …