編集手帳

秋時間の長短を体感する晩秋

投稿日:2018年10月14日 更新日:

2018年10月14日付け「編集手帳」要約

大人の一年は子供に比べて短いというジャネーノ法則。
先日の記事にもうそんな季節かとギョッとした。
京都・南座で師走の風物詩、「まねき書き」が披露されたという。
今年は特別に11月、12月の公演があるためだそうだ。
来月は二代目松本白鸚さんら親子3代の襲名披露だ。
登場を待ちわび、熱演に時を忘れる。
時間の長短を体感する晩秋になることだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.17付け「編集手帳」要約

入念な足場作りをお忘れなく

2017年7月17日付け「編集手帳」要約 安倍首相は来月上旬に、内閣改造と自民党役員人事を行う。 「安定感と改革突破力を兼ね備えた体制」を整える、と語った。 一筋縄でいかない政治家をひとつの枠の中の収 …

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …

2017.04.25付け「編集手帳」要約

昭和の名調子に西陽が差す

2017年4月25日付け「編集手帳」要約 三遊亭円歌さんが85歳で亡くなった。 渋い芸風や枯淡の境地には目もくれず、爆笑落語ひと筋の道を歩み通した人である。 「山のアナアナ、あなた、もう寝ましょうよ」 …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2018.08.20付け「編集手帳」要約

誇らしい花丸がつくといい

2018年8月20日付け「編集手帳」要約 スギセンこと杉山先生は、答案用紙に点数ではなく大きな丸か花丸を付ける2段階評価だった。 型破りなその姿は〈どんな教師よりも教育的な存在であった〉。 と、作家の …