編集手帳

後ろめたさが募る

投稿日:2018年10月12日 更新日:

2018年10月12日付け「編集手帳」要約

豊洲市場が開場したが、毎年92億円の赤字を見込むそうだ。
地方財政をめぐる話題からは目が話せない。
ミヤンマーの都市の財政支出をめぐり、不正を正す議論を報じた記者が逮捕された。
この国の民主主義はどうもおかしい。
スー・チー氏は先ごろ来日し、人権尊重を強調したばかりだ。
ノーベル平和賞の受賞などのおり、スー・チー讃歌にくみした身には後ろめたい。
市場問題の比ではない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.02付け「編集手帳」要約

ボクシングより奇妙は身分

2018年8月2日付け「編集手帳」要約 「ボクシングは奇妙なスポーツだ。同じことを街でやってみろ。たちまち逮捕される」 ボクシングはただの殴り合いではない。 奇妙でないことを訴え続けすそ野を広げてきた …

2017.01.06付け「編集手帳」要約

どうして出航させた

タイタニック号が沈没した事故に新説が発表された。 出航前に造船所で起きた火災によって船体がもろくなり、 氷山との衝突に耐えられなかったという。 どうして損傷に目をつむり、無理に出航させたのだろう。 安 …

2018.08.20付け「編集手帳」要約

誇らしい花丸がつくといい

2018年8月20日付け「編集手帳」要約 スギセンこと杉山先生は、答案用紙に点数ではなく大きな丸か花丸を付ける2段階評価だった。 型破りなその姿は〈どんな教師よりも教育的な存在であった〉。 と、作家の …

2017.07.20付け「編集手帳」要約

色鮮やかに感じられない梅雨明け

2017年7月20日付け「編集手帳」要約 きのう、西は中国、四国から、東は関東甲信の各地方にかけて、梅雨が明けた。 例年であれば、白波五人男『浜松屋店先の場』の弁天小僧が片肌を脱ぐ場面のように、色彩の …

2018.12.23付け「編集手帳」要約

お忍び楽しむ姿を夢想する

2018年12月23日付け「編集手帳」要約 平成最後の天皇誕生日、陛下がたどられた曲折の道を改めて思う。 過去のおことばには重責の二文字がにじむ。 慰霊のためや被災者の激励のために方々に足を運ばれた。 …