編集手帳

早すぎないか

投稿日:2018年10月10日 更新日:

2018年10月10日付け「編集手帳」要約

昭和の大相撲を華やがせた元横綱、輪島大士さんが亡くなった。
享年70歳。
「黄金の左」にしびれた世代は早すぎないかという思いだろう。
名勝負を何度も演じた初代貴乃花とは、土俵外では「親友」だった。
金銭問題で角界を去り、プロレスラーを経て解説者として大相撲の舞台に復帰。
その時に審判部で出迎えたのが親友の息子さんだった。
最近までのいろいろを、どんな思いで眺めていただろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.08付け「編集手帳」要約

古の都の伝統と革新

2018年7月8日付け「編集手帳」要約 京都の7月は祇園祭に始まり、祇園祭に終わる。 都市、地方にかかわらず曲がり角を迎えた祭りの話を耳にする。 費用や人手の工面、騒音やごみ投棄への対応等々、次の時代 …

2017.03.03付け「編集手帳」要約

かつての宝たち、お帰り

2017年3月3日付け「編集手帳」要約 ニシンは漢字で「鰊」のほかに、「鯡」とも書く。 魚に非ず。 宝であったろう。 江差町では104年ぶりに、“群来”が確認された。 魚の話題には「不漁」「漁獲規制」 …

2017.08.01付け「編集手帳」要約

稲葉ジャンプに震える日を待つ

2017年8月1日付け「編集手帳」要約 えにしの糸とは不思議なもである。 稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。 うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。 プロ …

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2018.12.27付け「編集手帳」要約

税制の先々に不安を覚える年の瀬

2018年12月27日付け「編集手帳」要約 2019年度の政府予算案は初めて100兆円代の大台を超えた。 一般皆生総額は101.5兆円に膨れる一方、長期債務残高は1100兆円に上る。 税収は62兆円ほ …