編集手帳

どっこい生きる

投稿日:2018年9月29日 更新日:

2018年9月29日付け「編集手帳」要約

短足コンプレックスをバネに、どっこい生きていた武田鉄矢。
努めて堂々とふるまうようにしてコンプレックスを解消したそうだ。
いまどきなら、美容整形を克服法としてあげる方は少なくないだろう。
韓国の医療機関を利用する日本人が急増し、トラブルが増えているという。
手術の中には経過観察なものもあり必要でリスクが高いと専門家は指摘している。
悩みの深さは人にもよるし、繊細な問題にちがいない。
どっこい生きるーそれ事態難しいことなのかもしれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.27付け「編集手帳」要約

大風呂敷を広げる

2018年8月27日付け「編集手帳」要約 8月のある日に丸の内の道路に「大風呂敷」という、大きなパッチワークが敷かれた。 「プロジェクトFUKUSHIMA!」の参加者が全国から寄せられた材料で作った。 …

2018.08.17付け「編集手帳」要約

熱でお化け番組を作った人

2018年8月17日付け「編集手帳」要約 ホームドラマの名手とうたわれた脚本家、布施博一さんが86歳で亡くなった。 代表作『熱中時代』で、子供たちに全力でぶつかる北野先生は、一話一話骨身を削って書いた …

2018.05.22付け「編集手帳」要約

お後がよろしくないようで

2018年5月22日付け「編集手帳」要約 古典落語『鰻屋』に出てくる与三郎と呼ばれるウナギは、開業以来、板前と追いかけっこをしながらしぶとく生きている。 狛江市の高橋都彦市長はしぶとさなら与三郎級だろ …

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …

2017.06.11付け「編集手帳」要約

時代の流れに抗う奇怪な鼻

2017年6月11日付け「編集手帳」要約 顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。 なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。 「渋谷暴動」に関与したとして逮 …