編集手帳

戦々恐々とする日米首脳会談

投稿日:2018年9月26日 更新日:

2018年9月26日付け「編集手帳」要約

テレビのウォームアップ時間を大幅に短縮した日立のポンパだった。
その日立が薄型テレビの国内販売を終了するという記事をさみしい気持ちで読んだ。
1980年代の貿易摩擦で米政府から悪役にされたテレビ。
便利な機能は大歓迎しながら貿易統計は不均衡だと怒る。
この怒りをトランプ大統領が再燃させ、各国を惑わせている。
対日本にもウォームアップが余念のないことだろう。
あす日米首脳会談が行われる。
戦々恐々とする。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.27付け「編集手帳」要約

粗々にならないように

2018年9月27日付け「編集手帳」要約 〈略〉は「ほぼ」とも読む。 現代は若者を中心に「ほぼほぼ」というほぼの強調系が多用されているという。 職場でも「きょうの仕事はほぼほぼ終わりました」などと使わ …

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2018.02.24付け「編集手帳」要約

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

2018年2月24日付け「編集手帳」要約 銃はウイルスの生態に似ている。 社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。 “感染”をさらに広げるつもりらしい。 フロリダ …

2017.06.21付け「編集手帳」要約

風は吹き来たり、潮は流れ去る

2017年6月21日付け「編集手帳」要約 方向を表す言葉はややこしい。 風と潮では逆になり、〈風は吹き来たり、潮は流れ去る〉と覚える。 築地市場の移転問題が流れていく方向はもっとややこしい。 市場をい …