編集手帳

食いしん坊のやぎのような両首脳

投稿日:2018年9月25日 更新日:

2018年9月25日付け「編集手帳」要約

童謡「やぎさん ゆうびん」では、無限に手紙をやり取りする。
自分が食いしん坊なのは心得ていても、相手もそうだということは忘れてしまう。
相手が自分と同じだと心得ていたら、無限のやりとりにはならなかったろう。

世界1位、2位の経済大国による貿易戦争が拡大している。
米国が中国製品に関税上乗せの第3弾の制裁を発動し、中国も報復措置を講じた。
いつまで続けるつもりなのか。
「自国第一主義」を掲げる首脳の姿が、食いしん坊のやぎに重ならなくもない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.26付け「編集手帳」要約

雪割草をイメージさせる競演

2018年2月26日付け「編集手帳」要約 「雪割草」は根雪の下で酷寒に耐え、少しずつ根を伸ばしながら春を待つ。 雪解けを待ちかねるように、いち早く可憐な花を開く。 忍耐、健気さ、屈しない心、人しれぬ努 …

2018.09.08付け「編集手帳」要約

寅さんおかえりなさい

2018年9月8日付け「編集手帳」要約 山田洋次監督が22年ぶりに『男はつらいよ』の新作を来年公開すると発表した。 渥美清さんはもちろん、笠さん、太宰久雄さんら故人の名場面に新たに撮影したシーンを絡ま …

2018.07.24付け「編集手帳」要約

夏からどう隠れるか

2018年7月24日付け「編集手帳」要約 「廈」という字をしばし拡大鏡で眺めた。 「夏」をまだれが覆い隠していて、暑さなんてへっちゃらよと言っている気がしないでもない。 きのう熊谷市で、国内観測史上最 …

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …