編集手帳

隔たりは大きいが心理を伝えてと願う

投稿日:2018年9月23日 更新日:

2018年9月23日付け「編集手帳」要約

聖徳太子創建の瑞光寺には、鯨の骨で出来た雪鯨橋がある。
半世紀ごとの架替えのたびに使う鯨の骨も商業捕鯨禁止のためにピンチだ。
先日の国際捕鯨委員会総会で、日本の商業捕鯨一部再開の提案が大差で否決された。
鯨は特別な生き物だという考えが反捕鯨国には根強い。
隔たりは大きく、渡す橋は容易ではない。
住職は、村の飢えを救うためとはいえ殺生の禁を破り鯨を呼び寄せたことに悩み苦しんだ。
冥福を祈り、生類を憐れむ。
戒めの象徴として橋は架けられた。
どうか朽ちることなく普遍の心理を伝えて、と願う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.09付け「編集手帳」要約

♪ダバダバダ…

2018年11月9日付け「編集手帳」要約 1970年代初めはフランス映画ブームだった。 街のいたるところで『男と女』や『白い恋人たち』の音楽がかかっていた。 その作曲者、フランシス・レイ氏が86歳で亡 …

2017.06.23付け「編集手帳」要約

歳月を経てもまぶしい存在

2017年6月23日付け「編集手帳」要約 「街には『ーー』が流れていた」 と、いう紋切り型の言い回しがあるが、実際に街を歩いて耳にすることはない。 だが石原裕次郎さんの歌は本当に街頭で聞こえたらしい。 …

2018.06.09付け「編集手帳」要約

その人のサックスがこいしい

2018年6月9日付け「編集手帳」要約 ジャズの巨人と呼ばれたサックス奏者、ジョン・コルトレーンの新作が見つかった。 半世紀もの時を経て、世界同時に新盤が発売される。 その名も『ザ・ロスト・アルバム』 …

2017.11.15付け「編集手帳』要約

化粧まわしがくすんで見える

2017年11月15日付け「編集手帳」要約 力士の範となるべき横綱・日馬富士が貴ノ岩に重傷を負わせたとして、九州場所を休場した。 先場所の劇的な逆転優勝は記憶に新しい。 まじめで根気強い印象の横綱だけ …

2018.07.13付け「編集手帳」要約

ロケットマンに家族の悲しみが伝わるか

2018年7月13日付け「編集手帳」要約 先ごろ平壌を訪れたポンペオ国務長官は大統領から金正恩委員長への贈り物としてエルトン・ジョンのCDを携えたという。 その中には「ロケット・マン」が収録されていた …