編集手帳

のんびりと雲を眺める日が多いといい

投稿日:2018年9月22日 更新日:

2018年9月22日付け「編集手帳」要約

穏やかな秋空は見上げるだけで気持ちが落ち着く。
そこに紅葉があれば、いっそう景色は映える。
日本一早い紅葉で知られる北海道の大雪山系が装いを転じたという。
今年の夏の異常な、照りつける太陽はもうない。
ようやく安心して空を見あげれる季節の到来だろう。
行ったり来たりする雲を、のんびりと無心でながめられる日が多いといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.07付け「編集手帳」要約

“命”という一文字が胸に痛い七夕

2017年7月7日付け「編集手帳」要約 耳で聞いて、すぐには漢字が思いつかないときがある。 七夕の前日に降る雨「洗車雨」を「戦車雨」と浮かんだことがある。 5日から九州北部を襲った記録的な豪雨は、まさ …

2018.04.06付け「編集手帳」要約

神は関係ない

2018年4月6日付け「編集手帳」要約 大相撲の八角理事長がまたも謝罪する問題が起きた。 春巡業中に舞鶴市長があいさつ中に倒れ、応急処置のため土俵に上がった女性に土俵からから降りるようアナウンスが流れ …

2018.07.14付け「編集手帳」要約

「ご安全に」の掛け声が足りない

2018年7月14日付け「編集手帳」要約 「ご安全に」というあいさつは、建設会社や電力会社などで定着している。 ダムの管理現場ではどうなのだろう。 西日本豪雨でダムのあり方が問われている。 放流で急激 …

2017.08.20付け「編集手帳」要約

人を第一に考えた経知を貫いた人

2017年8月20日付け「編集手帳」要約 倹約の美学を貫いた実業家の訃報が届いた。 吉本晴彦さんである。 「ケチとしぶちんは違う。経済の知恵、経知と書いてケチと読む。 出すときには出し、死に金にしない …

2017.06.24付け「編集手帳」要約

自民党にかけている音

2017年6月24日付け「編集手帳」要約 ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。 自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。 豊田真由子議員 …