編集手帳

のんびりと雲を眺める日が多いといい

投稿日:2018年9月22日 更新日:

2018年9月22日付け「編集手帳」要約

穏やかな秋空は見上げるだけで気持ちが落ち着く。
そこに紅葉があれば、いっそう景色は映える。
日本一早い紅葉で知られる北海道の大雪山系が装いを転じたという。
今年の夏の異常な、照りつける太陽はもうない。
ようやく安心して空を見あげれる季節の到来だろう。
行ったり来たりする雲を、のんびりと無心でながめられる日が多いといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2017.02.23付け「編集手帳」要約

銀幕に奇跡を求めた人

2017年2月23日付け「編集手帳」要約 40代で日活を解雇され、50代のときに映画賞を総なめにし、 60代で職安に失業保険をもらう手続きをした。 薄情な浮き沈みの境涯に愚痴の一つも出そうなものだが、 …

2017.02.18付け「編集手帳」要約

船村節は今夜も誰かを泣かせている

船村徹さんが84歳で亡くなった。 生涯を通して言葉を何よりも大切にし、詞に惚れて曲を書いた人だった。 『王将』の曲想を得た時の思い出話が忘れがたい。 故郷で母がかまどで飯を炊いているその後ろ姿を見て、 …

2017.07.31付け「編集手帳」要約

首相と新閣僚の渾身の名乗りを待つ

2017年7月31日付け「編集手帳」要約 歌舞伎の『白波五人男』は『ゴレンジャー』を連想させる。 5人ほどの主役がテンポ良く名乗りを上げ、絵のようなポーズを決める。 米政界には「歌舞伎ダンス」という比 …