編集手帳

意欲が戻る時間も相対的だ

投稿日:2018年9月20日 更新日:

2018年9月20日付け「編集手帳」要約

西脇市の美術館職員が制作資材を運ぶのに30分遅刻し、横尾忠則さんを怒らせた。
「創作意欲が失われた」と立ち去り、展覧会も延期する事態となった。
西脇出身の横尾さんの展覧会だけに、地元の人は楽しみにしていたろう。
アインシュタインは時間は相対的だと言った。
遅刻とみなす時間同様、怒りの宿る時間も人によりさまざまである。
横尾さんに意欲が戻るまで、いかほどだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.301付け「編集手帳」要約

疎にして多

自殺で亡くなる人の少ない地域の共通点は、人間関係は「疎にして多」。 お付き合いは挨拶程度で、マイペース。 でも、みんな顔見知りで孤立は起きにくい。 国内の自殺者は昨年、2万2000人を下回った。 自治 …

2017.01.29付け「編集手帳』要約

注目される選挙と言えば言える

企業や官庁が並ぶ、皇居を中心に抱く東京都千代田区。 都知事と都議会の実力者の代理戦争として関心を呼ぶ区長選が、きょう告示される。 区歌にいう〈大東京の中心地〉 代理戦争云々はさておいても、注目される選 …

2018.10.15付け「編集手帳」要約

現代の「稲むらの火」を求む

2018年10月15日付け「編集手帳」要約 江戸末期の安政南海地震の際、浜口梧陵は稲束に火を放ち津波から村人を守った。 後に「稲むらの火」の物語となり、後世に語り継がれていく。 大規模な災害が相次いで …

2017.09.06付け「編集手帳」要約

困難を生き抜く力があることを教えたい

2017年9月6日付け「編集手帳」要約 新学期を迎え、やりきれない悲報がつづいた。 夏休み明けは学校生活への不安が募ると聞く。 悩みを抱え込み、孤立している子も少なくない。 周りの大人が見守って、一人 …

2017.01.28付け「編集手帳」要約

「ごめん」のひと言

「ごめん」のひと言。 自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。 詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。 「壁のことつひに詫び …