編集手帳

五輪ボランティアに外国語は必要ない

投稿日:2018年9月14日 更新日:

2018年9月14日付け「編集手帳」要約

来たる東京五輪・パラリンピック大会のボランティア募集が26日から始まる。
前回リオ五輪の規模をはるかに上回る総勢11万人が必要になる。
応募資格に外国語が必須とは書いていない。
英語が苦手で二の足を踏む方がおられないかと考えた時、英語が苦手な亡き狐狸庵先生が若い女性の留学生を連れて東京を案内した随筆を思い出した。
先生は語学力のいかんによらず、いい思い出ができたみたいである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.15付け「編集手帳」要約

今思えば皆遠火事のごとくなり

2017年6月15日付け「編集手帳」要約 1997年9月3日、巨人の王貞治選手が756本の本塁打世界記録を樹立した。 当時は、米大使が議題そっちのけで大記録の達成を待つほどの空気であった。 昨夜、40 …

2017.10.16付け「編集手帳」要約

三都物語の評判は

2017年10月16日付け「編集手帳」要約 東京と大阪、愛知3都府県が連携する「三都物語」の評判はどうだろう。 3都府県の経済規模は全国の3割を占める。 成長のエンジン役を果たす決意は頼もしい。 一方 …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …

2018.07.23付け「編集手帳」要約

地方をどう守るか柔軟に考えたい

2018年7月23日付け「編集手帳」要約 児童書『さかさ町』は、すべてが逆さまな街の様子を描いている。 頭の柔らかい子供には理屈なく面白いらしい。 日本でも昔と今で逆さまが生じている。 年齢別構成を表 …