編集手帳

教員の方々に自覚を持ってほしい

投稿日:2018年9月13日 更新日:

2018年9月13日付け「編集手帳」要約

新潟県教委の調査を委託された第三者委のまとめた報告書の一字一句が痛ましい。
少年の背をついたのは、いじめの苛烈さではなく教員の態度だと言っている。
踏み込んだ見解だろう。
過去のいじめ自殺でも認定はされずとも往々にあったことではないか。
最後の砦という自覚を教員の方々に持っていただきたい。
いつまでも「第三者」に気づかせてもらうようではいけない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.29付け「編集手帳」要約

恩知らずは誰だ

2017年7月29日付け「編集手帳」要約 ルイ14世は〈役職をひとつ設けるたび、私は100人の不満分子と1人の恩知らずを作る〉と嘆いた。 稲田防衛相が「消えた日報問題」の監督責任をとって辞任をした。 …

2017.10.27付け「編集手帳」要約

本は好きですか

2017年10月27日付け「編集手帳」要約 江戸時代のすえごろ、日本では人の多く暮らすところ、貸本屋の行商が珍しくなく、本好きが争って読んでいた。 その後、印刷技術の技術が発達し、出版業が起こり、書店 …

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …

2018.04.18付け「編集手帳」要約

隠蔽ではなかったか

2018年4月18日付け「編集手帳」要約 陸上自衛隊のイラク派遣時の日報は、封印されたも同じである。 「戦闘」という文言が複数記述され、拠点とされていた「非戦闘地域」は実際、厳しい治安情勢だったことが …

2017.10.26付け「編集手帳」要約

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

2017年10月26日付け「編集手帳」要約 歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。 「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多 …