編集手帳

新女王が初々しく誕生した

投稿日:2018年9月11日 更新日:

2018年9月11日付け「編集手帳」要約

大坂なおみ選手が日本勢として初めて、テニスの全米オープンを制した。
セリーナ・ウィリアムズ選手との決勝は、完全アウェー。
表彰式までブーイングがわき起こった。
そんな中、「もうブーイング早めて」と元女王。
「…、こんな終わり方ですみません。試合を見に来てくれてありがとう」と大阪選手。
空気は一変して温かな拍手が会場をつつんだ。
強さばかりでなくやさしさ、素直さに心動かされたのだろう。
新女王が初々しく誕生した。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.30付け「編集手帳」要約

上の空だった経営者

2018年1月30日付け「編集手帳」要約 あすの31日の夜は皆既月食。 世間の憂さや騒動を忘れてぼんやりとしたいが、引きずる事件がある。 仮想通貨の取引会社の顧客の資産の流失事件である。 いったい何が …

2018.03.14付け「編集手帳」要約

人生の中の18歳の位置

2018年3月14日付け「編集手帳」要約 成人年齢を20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。 18歳という年齢は、成長曲線を山道に例えれば、最も急峻なところにいる年齢ではないか。 成人の肩書 …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …

2018.09.05付け「編集手帳」要約

災害に立ち向かうとは逃げること

2018年9月5日付け「編集手帳」要約 【風潮】は、同形異義語であることが忘れ去らたかのような言葉だ。 かざしお、と読めば〈台風などのために起こる高潮〉の意味だ。 台風21号で高潮の被害にあった関西国 …

2017.05.14付け「編集手帳」要約

カーネーション一輪が支える橋

2017年5月14日付け「編集手帳」要約 1917年に発表された『和解』(志賀直哉)の主題は、父を息子の確執である。 最後は、深い溝が埋まり、父子が涙する大団円を迎える。 百年たって、確執劇の主役は母 …