編集手帳

備えれば最悪はきっと避けられる

投稿日:2018年9月9日 更新日:

2018年9月9日付け「編集手帳」要約

大自然の前で、人はどれほどちっぽけで無力化。
自明の理を改めて思い出す。
多数の犠牲者が出た痛ましい記憶などは意識の外にあるものだ。
けれど、その日が再び来ない保証はどこにもない。
荒ぶる自然に翻弄され通しの昨今である。
あまりの猛威につい想定外との言葉に逃げ込みたくなる。
つらいが考え続け、備えたい。
最悪はきっと避けられる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.13付け「編集手帳」要約

滑稽多弁な元理財局長

2018年3月13日付け「編集手帳」要約 「森友学園」問題で、財務省理財局長として不信を招く答弁を国会で繰り返した佐川宣寿氏。 決裁文書の書き換えは国会答弁との整合性を図るためだったという。 国有財産 …

2017.12.22付け「編集手帳」要約

月で働く時代が近づく

2017年12月22日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が先ごろ、有人月探査を再開すると発表した。 月を周回する宇宙基地を作り、そこを足場に月に人を送り込む。 月探査には中国も並々ならぬ意欲を示す。 …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2018.09.06付け「編集手帳」要約

風物詩がひとつなくなるかも

2018年9月6日付け「編集手帳」要約 経団連側が、2021年春から“就活ルール”を廃止したい意向を表明した。 「新卒一括」を見直し、「通年採用」にカジを切る考えらしい。 日程が野放図になれば、学生の …

2018.04.29付け「編集手帳」要約

すさまじい勢いで広がる見聞録

2018年4月29日付け「編集手帳」要約 碾茶生産で国内トップの和束町は緑の畝が延々と続き、茶源郷と銘打ってPRする。 この明媚な景観を目当てに、昨年度は海外から4000人余りが訪れた。 抹茶の甘みが …