編集手帳

備えれば最悪はきっと避けられる

投稿日:2018年9月9日 更新日:

2018年9月9日付け「編集手帳」要約

大自然の前で、人はどれほどちっぽけで無力化。
自明の理を改めて思い出す。
多数の犠牲者が出た痛ましい記憶などは意識の外にあるものだ。
けれど、その日が再び来ない保証はどこにもない。
荒ぶる自然に翻弄され通しの昨今である。
あまりの猛威につい想定外との言葉に逃げ込みたくなる。
つらいが考え続け、備えたい。
最悪はきっと避けられる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.24付け「編集手帳」要約

“真”はどっちだ

2017年3月24日付け「編集手帳」要約 「確かにもらった」と語る、籠池氏の物語。 「渡していない」と安倍昭恵首相夫人の物語。 “真”はどっちだろう。 あった事実は証明できても、なかった事実は証明しに …

2018.05.14付け「編集手帳」要約

双方が芭蕉扇を携えておきたい

2018年5月14日付け「編集手帳」要約 「西遊記」の魅力は、旅の途中で見せる「自分勝手」な行動のおもしろさ、中国独特の「大げさ」な表現が子供心を捉える。 それと同じでは困るのが外交だ。 中国の李克強 …

2018.01.22付け「編集手帳」要約

提言メニューをじっくりと練って欲しい

2018年1月22日付け「編集手帳」要約 経団連の時期会長に日立製作所の中西宏明会長が内定した。 趣味は料理で、魚をさばくのが得意という。 様々な食材を準備して組み立てる料理と、経営は共通するものがあ …

2018.08.16付け「編集手帳」要約

隠居とは好きな事をして暮らすこと

2018年8月16日付け「編集手帳」要約 【隠居】を「新明解国語辞典」で引くと、〈仕事や生計の責任者であることをやめ、好きな事をして暮らす〉とある。 周防大島町の親戚宅に来ていた藤本理稀ちゃんが三日三 …

2018.01.13付け「編集手帳」要約

なぜ、この時期に試験を

2018年1月13日付け「編集手帳」要約 雪がすべての物音を吸収したかのような静けさは北国の興趣といわれる。 だが、今日ばかりは例外だろう。 今年の大学入試センター試験は各地で注意報が出る中で行なわれ …