編集手帳

寅さんおかえりなさい

投稿日:2018年9月8日 更新日:

2018年9月8日付け「編集手帳」要約

山田洋次監督が22年ぶりに『男はつらいよ』の新作を来年公開すると発表した。
渥美清さんはもちろん、笠さん、太宰久雄さんら故人の名場面に新たに撮影したシーンを絡ませるという。
名優の個性や魅力が今に甦る作品になるのだろう。
寅さんが旅から「おぅ、ただいま」と団子屋に帰ってくる毎度おなじみの場面がある。
おかえりなさい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.02付け「編集手帳」要約

受賞者の「男女逆転」を夢見たい

2017年10月2日付け「編集手帳」要約 オスとメスが「逆転」した昆虫を発見が、今年の「イグ・ノーベル賞」に輝いた。 北大・吉澤准教授と慶大・上村教授らの研究である。 日本人の受賞は11年連続。 「面 …

2017.01.14付け「編集手帳」要約

息づかいが行間から聞こえる

坂本龍馬の暗殺される5日前の手紙が見つかった。 福井藩の重役に当てた1通は、おのが生命の残り時間を知っていたかのような 息づかいが達筆の行間から聞こえてくる。 この手紙によって、新政府の顕官となった由 …

2017.10.29付け「編集手帳」要約

タンスの奥のハンカチ

2017年10月29日付け「編集手帳」要約 〈引き出しの/奥のハンカチ/今日も奥〉 言われてみればそうだが、スポーツの指導者はそうはいかない。 生身の人間を選び、出番を与えるのは、どれほど難しのだろう …

2017.12.22付け「編集手帳」要約

月で働く時代が近づく

2017年12月22日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が先ごろ、有人月探査を再開すると発表した。 月を周回する宇宙基地を作り、そこを足場に月に人を送り込む。 月探査には中国も並々ならぬ意欲を示す。 …

2017.01.01付け「編集手帳」要約

目尻の1年になるといい

小欄は指の先で表情をこしらえる絵師に似た家業である。 心躍る出来事の目尻には微小のシワを畳み、 悲しい事件のおでこには憂いの八の字を刻み、 読者の胸の奥に並べていただく。 目尻の1年になるといい。 2 …