編集手帳

山の恵みを忘れそうになる

投稿日:2018年9月7日 更新日:

2018年9月7日付け「編集手帳」要約

北海道厚真町で広範囲におよぶ山崩れが発生した。
多くの方が奇観に目を疑ったことだろう。
山という山が尾根の部分にわずかに緑を残し、赤茶けた山肌をさらした。
未明の午前3時過ぎ、震度7。
山と田畑にかこまれた静かな集落が一変した。
すさまじい頻度で災害が繰り返されている。
大地の揺れが人の命に山土をかぶせた。
恵みを忘れそうになる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.22付け「編集手帳」要約

この母にして、この子あり

2017年7月22日「編集手帳」要約 横綱白鳳の母タミルさんは、モンゴル巡業で谷川親方に、4年前の対戦のことを謝った。 伝え聞いた白鵬関は「…おふくろはありがたい」と苦笑したという。 帰化する道を息子 …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2017.10.11付け「編集手帳」要約

熱意ある弁舌を望む

2017年10月11日付け「編集手帳」要約 近頃慌ただしく動いた野党再編も、なんとか落ち着き衆院選が公示された。 政治地図が「3極化」したといわれる。 日本の針路を誤りなく判断するために、投票日まで各 …

2018.10.10付け「編集手帳」要約

早すぎないか

2018年10月10日付け「編集手帳」要約 昭和の大相撲を華やがせた元横綱、輪島大士さんが亡くなった。 享年70歳。 「黄金の左」にしびれた世代は早すぎないかという思いだろう。 名勝負を何度も演じた初 …

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …