編集手帳

山の恵みを忘れそうになる

投稿日:2018年9月7日 更新日:

2018年9月7日付け「編集手帳」要約

北海道厚真町で広範囲におよぶ山崩れが発生した。
多くの方が奇観に目を疑ったことだろう。
山という山が尾根の部分にわずかに緑を残し、赤茶けた山肌をさらした。
未明の午前3時過ぎ、震度7。
山と田畑にかこまれた静かな集落が一変した。
すさまじい頻度で災害が繰り返されている。
大地の揺れが人の命に山土をかぶせた。
恵みを忘れそうになる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.26付け「編集手帳」要約

カラフルな背中が春近しと思わせる

2018年1月26日付け「編集手帳」要約 千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。 野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりにな …

2018.05.13付け「編集手帳」要約

抵抗するだけでなく強い意志を示せ

2018年5月13日付け「編集手帳」要約 抵抗や反対することではない。 自分はこう生きるのだと、強い意志を示すことが自由だと教わったーー。 京都大の学長を務めた西島安則さんの弁である。 京都大外の外周 …

2018.02.20付け「編集手帳」要約

例えが見つからない光景

2018年2月20日付け「編集手帳」要約 スピードスケート女子500メートルに輝いた小平奈緒選手。 その滑りを「獣」に例えたことが妥当かという話題が平昌五輪で話題になった。 その滑りよりも、視聴者の心 …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2018.02.25付け「編集手帳」要約

もっと触れたい文化がある

2018年2月25日付け「編集手帳」要約 かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。 アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。 その作品は毛並み、表情、しぐさ、す …