編集手帳

山の恵みを忘れそうになる

投稿日:2018年9月7日 更新日:

2018年9月7日付け「編集手帳」要約

北海道厚真町で広範囲におよぶ山崩れが発生した。
多くの方が奇観に目を疑ったことだろう。
山という山が尾根の部分にわずかに緑を残し、赤茶けた山肌をさらした。
未明の午前3時過ぎ、震度7。
山と田畑にかこまれた静かな集落が一変した。
すさまじい頻度で災害が繰り返されている。
大地の揺れが人の命に山土をかぶせた。
恵みを忘れそうになる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.21付け「編集手帳」要約

負の言葉に情緒が宿る

2017年2月21日付け「編集手帳」要約 名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。 そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。 “悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、とき …

2018.02.13付け「編集手帳」要約

楽観は禁物である

2018年2月13日付け「編集手帳」要約 ベルリンの壁は28年余り東西を分かち、89年に「崩壊」した。 それからまた同じ月日が経過した。 東側の人々にとって人生はずいぶん様子が変わったに違いない。 西 …

2017.03.27付け「編集手帳」要約

透けて見える手札

2017年3月27日付け「編集手帳」要約 柳広司さんの『ジョーカー・ゲーム』は普通のポーカーではない。 見物人を引き入れ敵の手札をサインで知らせてもらい、裏の裏まで読み合う。 〈情報が筒抜けなら、ゲー …

2017.08.13付け「編集手帳」要約

夏の風物詩、「怪談のたぐい」

2017年8月13日付け「編集手帳」要約 昔の消夏法は下町の縁台で「怪談のたぐいの話」を聞くことだった。 たが、クーラーの普及が進み私たちの生活の中から〈怪談〉が消えてしまった。 冷房が普及していなく …

2017.10.07付け「編集手帳」要約

自然で素朴な国民感情だ

2017年10月7日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 ナニ人とかナニ民族というのは、紛争の下地のように思えて普段は遠慮するが、この喜びはなんだろう。 いまは英 …