編集手帳

茶番劇になる事のないように願う

投稿日:2018年9月3日 更新日:

2018年9月3日付け「編集手帳」要約

日中関係悪化で、中国での邦画の上映は3年ほど途絶えた。
しかし米国との貿易摩擦の深刻化で、周辺国との関係を安定させたい中国政府の意図がスクリーンにくっきり映しだされる。
きょう3日は中国は、「抗日戦争勝利記念日」である。
今年は控えめな記念行事があり、テレビでは「抗日ドラマ」の放映が続く。
中国が再び邦画を締め出すことがあるだろうか。
政治の風向きで、感動を分かち合える作品を排除するなら、とんだ茶番劇となろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.02付け「編集手帳」要約

買い物の楽しみの本質をみる

2018年9月2日付け「編集手帳」要約 大阪人=金にシビアという悪印象がある。 いま、新世界で風変わりなマーケットが大にぎわいを見せている。 すべての商品に値札がなく、店と客が会話して値段を決めるのだ …

2018.11.13付け「編集手帳」要約

悪こぎの犠牲者

2018年11月13日付け「編集手帳」要約 時代劇で「あこぎ」というセリフを聞くと、頭の中で悪こぎと変換していた。 正しくは、阿漕である。 阿漕ヶ浦の海岸は、伊勢神宮に供える魚を守るために禁漁域とされ …

2017.10.14付け「編集手帳」要約

電話魔め

2017年10月14日付け「編集手帳」要約 狐狸庵先生こと遠藤周作さんは、いたずら好きとしても知られていた。 税務署や警官を名乗って、作家仲間にいたずら電話をしていた。 そのいたずらは「電話魔罪状録」 …

2018.04.10付け「編集手帳」要約

メッキの下にあるものは?

2018年4月10日付け「編集手帳」要約 太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。 財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。 森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚し …

2018.10.12付け「編集手帳」要約

後ろめたさが募る

2018年10月12日付け「編集手帳」要約 豊洲市場が開場したが、毎年92億円の赤字を見込むそうだ。 地方財政をめぐる話題からは目が話せない。 ミヤンマーの都市の財政支出をめぐり、不正を正す議論を報じ …