編集手帳

買い物の楽しみの本質をみる

投稿日:2018年9月2日 更新日:

2018年9月2日付け「編集手帳」要約

大阪人=金にシビアという悪印象がある。
いま、新世界で風変わりなマーケットが大にぎわいを見せている。
すべての商品に値札がなく、店と客が会話して値段を決めるのだという。
ネットで安値をポチッと一押しの世代には新鮮なのだろう。
がめつさだけでなく、上手にやりとりを重ねて互いに利を得る。
あちこちに咲く笑顔に大阪人、そして買い物の楽しみの本質をみる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.29付け「編集手帳」要約

説明がなければ世間は納得しない

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 【不祥】はっきりしないこと。 【未詳】まだ、はっきりしないこと。 大相撲の横綱・日馬富士の暴行問題は、いわば未詳事件だろう。 横綱がどんな暴力をふるったか、 …

2017.08.14付け「編集手帳」要約

我が故郷に危機は迫っていないか

2017年8月14日付け「編集手帳」要約 香港で大ヒットした『十年」の日本公開が始まった。 この都市の「2025年」を描いた、若手監督5人の短編からなる。 〈見慣れた風景の中で不穏な未来が描かれている …

2017.10.17付け「編集手帳」要約

丸く収まる方法

2017年10月17日付け「編集手帳」要約 単行本から文庫へという従来の手順を踏まず、同時に発売された。 同じ新刊が廉価で変えるのはうれしいにしても、出版社にどんな利点があるのだろう。 出版業界では年 …

2017.09.04付け「編集手帳」要約

括弧書きで伝える時代の風

2017年9月4日付け「編集手帳」要約 昭和天皇の五女、清宮さまの成人の記者会見で「私が選んだ人を見ていただきます」と発言した。 その様子を本誌記事は、(平然と…)というように括弧書きでその様子まで伝 …

2017.07.20付け「編集手帳」要約

色鮮やかに感じられない梅雨明け

2017年7月20日付け「編集手帳」要約 きのう、西は中国、四国から、東は関東甲信の各地方にかけて、梅雨が明けた。 例年であれば、白波五人男『浜松屋店先の場』の弁天小僧が片肌を脱ぐ場面のように、色彩の …