編集手帳

「防災の日」備えに心砕こう

投稿日:2018年9月1日 更新日:

2018年9月1日付け「編集手帳」要約

きのう8月を見送った。
悲喜こもごもあったなかで、藤本理稀ちゃんの奇跡の救出劇を思い出す。
助けだしたねじり鉢巻姿の尾畠さんは「災害ボランティア」として全国を飛び回る。
お会いしたいものだが、なるべくお世話にならないようにしなければ。
きょうは防災の日。
備えに心砕こう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.16付け「編集手帳」要約

隣に宇宙人が住んでいる

国境を侵して日本人を拉致しを繰り返した非道な国に、今さら驚くには値しないかもしれない。 金正男氏の暗殺情報である。 真相がまだ判然としないなか、そうした反応が巷にあふれる。 隣に宇宙人が住んでいる、と …

2018.06.22付け「編集手帳」要約

カフカよりゲーテをお手本にしたい

2018年6月22日付け「編集手帳」要約 人手不足への懸念などから企業に副業解禁の波が広がる。 組織で働く人の副業は許されるのか。 絶望名人カフカは、仕事と文学の両立は困難と考えた。 一方、希望名人ゲ …

2017.12.05付け「編集手帳」要約

落ちが見えそうで見えない長い話

2017年12月5日付け「編集手帳」要約 上方落語『三年酒』に「おねおねの佐助さん」という珍しい特技を持つ人物が登場する。 現場が大阪のせいか、国会での政府答弁に佐助さんがだぶらないでもない。 国有地 …

2017.04.14付け「編集手帳」要約

兄貴分の貫禄の見せどころ

2017年4月14日付け「編集手帳」要約 ならず者然とした北朝鮮と、その兄貴分として後ろ盾になってきた中国の関係。 「七三の兄弟分」「四分六の兄弟分」と任侠映画に例えるなら、 どの程度の関係なのだろう …

2017.06.29付け「編集手帳」要約

罪な会社

2017年6月29日付け「編集手帳」要約 一体何時の時代の出来事だろう。 奄美空港で、「バニラエア」に乗ろうとした車いすの男性はタラップを腕の力だけでのぼったという。 車いすごと担いだり、抱きかかえて …