編集手帳

「防災の日」備えに心砕こう

投稿日:2018年9月1日 更新日:

2018年9月1日付け「編集手帳」要約

きのう8月を見送った。
悲喜こもごもあったなかで、藤本理稀ちゃんの奇跡の救出劇を思い出す。
助けだしたねじり鉢巻姿の尾畠さんは「災害ボランティア」として全国を飛び回る。
お会いしたいものだが、なるべくお世話にならないようにしなければ。
きょうは防災の日。
備えに心砕こう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.14付け「編集手帳」要約

人生の中の18歳の位置

2018年3月14日付け「編集手帳」要約 成人年齢を20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。 18歳という年齢は、成長曲線を山道に例えれば、最も急峻なところにいる年齢ではないか。 成人の肩書 …

2018.08.28付け「編集手帳」要約

汗まみれが美しく聞こえない

2018年8月28日付け「編集手帳」要約 寅次郎は「汗まみれになる仕事」にあこがれていたという。 それは山田洋次郎監督が描く「汗まみれ」になって働く人々への敬意だろう。 建設業界では、いまだ週休2日を …

2018.03.28付け「編集手帳」要約

「human rights」が「不満」に見える

2018年3月28日付け「編集手帳」要約 「森友文書」改ざん問題をめぐる衆参両院での証人喚問。 真相解明を図る議会の利益と証言を拒否できる個人の権利が油と水のように交わらなかった。 改ざんは「首相官邸 …

2018.06.22付け「編集手帳」要約

カフカよりゲーテをお手本にしたい

2018年6月22日付け「編集手帳」要約 人手不足への懸念などから企業に副業解禁の波が広がる。 組織で働く人の副業は許されるのか。 絶望名人カフカは、仕事と文学の両立は困難と考えた。 一方、希望名人ゲ …

2017.09.15付け「編集手帳」要約

今度こそ…組織の立て直しを急げ

2017年9月15日付け「編集手帳」要約 またしても日本年金機構の不祥事が繰り返された。 現場でミスに気づきながら、放置されてきたらしい。 前身の社会保険庁時代から少しも変わらぬ無責任体質にあきれるほ …