編集手帳

汗まみれが美しく聞こえない

投稿日:2018年8月28日 更新日:

2018年8月28日付け「編集手帳」要約

寅次郎は「汗まみれになる仕事」にあこがれていたという。
それは山田洋次郎監督が描く「汗まみれ」になって働く人々への敬意だろう。
建設業界では、いまだ週休2日を実現していないという。
天候の影響で工期が進まなかいことが多いうえ、業界の意識が広がっていない。
大手の現場さえ「4周6休」がやっとの状態で、これほど時代遅れの業界は珍しい。
官民あげて、本気で取り組んで欲しい課題である。
今夏の熱暑を思えば「汗まみれ」が美しさを伴って聞こえない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.29付け「編集手帳」要約

恩知らずは誰だ

2017年7月29日付け「編集手帳」要約 ルイ14世は〈役職をひとつ設けるたび、私は100人の不満分子と1人の恩知らずを作る〉と嘆いた。 稲田防衛相が「消えた日報問題」の監督責任をとって辞任をした。 …

2017.06.27付け「編集手帳」要約

後手後手と打つヘボ碁打ち

2017年6月27日付け「編集手帳」要約 〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉 終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。 ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保っ …

2017.07.01付け「編集手帳」要約

この半年間を顧みる

2017年7月1日付け「編集手帳」要約 きょうから7月、一年の折り返しを迎えた。 トランプ旋風、核ミサイル、「森友」、「加計」と、以外に悠長な時間だったかと思い返す。 不思議なチグハグ感がぬぐえない。 …

2017.12.24付け「編集手帳」要約

もっと顧みられてもよい人

2017年12月24日付け「編集手帳」要約 山梨勝之進は昭和天皇が一番篤く信任された人物だ。 学習院院長として、皇太子自代の天皇陛下の養育に精魂を傾けたことも新任を得た所以だろう。 その教育方針は、自 …

2018.06.14付け「編集手帳」要約

小説を超える迫力ある教訓に

2018年6月14日付け「編集手帳」要約 約700人もの犠牲者を出した阪神大水害から今夏で80年となる。 関係自治体などが改めて当時の証言を集める活動を始めた。 その様子は、谷崎潤一郎の『細雪』にある …