編集手帳

大風呂敷を広げる

投稿日:2018年8月27日 更新日:

2018年8月27日付け「編集手帳」要約

8月のある日に丸の内の道路に「大風呂敷」という、大きなパッチワークが敷かれた。
「プロジェクトFUKUSHIMA!」の参加者が全国から寄せられた材料で作った。
原発事故で知られた地名を、地元発の文化の力でポジティブなものに変えたい。
こうした心意気にふさわしい名前だ。
県外の催事呼ばれるようになった。
そこに住む人々にも「大風呂敷」をつくってもらう。
驚きと笑顔が広がっていく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.05付け「編集手帳」要約

災害に立ち向かうとは逃げること

2018年9月5日付け「編集手帳」要約 【風潮】は、同形異義語であることが忘れ去らたかのような言葉だ。 かざしお、と読めば〈台風などのために起こる高潮〉の意味だ。 台風21号で高潮の被害にあった関西国 …

2018.03.10付け「編集手帳」要約

ニッポン元気、オオサカいい街ネ

2018年3月10日付け「編集手帳」要約 1867年のパリ万博で、浅草の商品が出した茶屋が、現地新聞に「珍物の随一」と評され人気を集めた。 博覧会国際事務局に調査団が来日し視察した。 万博の候補地大阪 …

2018.09.20付け「編集手帳」要約

意欲が戻る時間も相対的だ

2018年9月20日付け「編集手帳」要約 西脇市の美術館職員が制作資材を運ぶのに30分遅刻し、横尾忠則さんを怒らせた。 「創作意欲が失われた」と立ち去り、展覧会も延期する事態となった。 西脇出身の横尾 …

2018.03.27付け「編集手帳」要約

日本にはすごい花がある

2018年3月27日付け「編集手帳」要約 昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。 現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程 …

2017.05.02付け「編集手帳」要約

これは“み”かな?

2017年5月2日付け「編集手帳」要約 「コラムとは、ねたみ、ひがみ、そねみ、三つの“み”から出発して書くものだ」と野坂昭如さんが書いている。 お一人様、3泊4日で最高95万円という「トランスイート四 …