編集手帳

パカッと開けてみたくなる

投稿日:2018年8月26日 更新日:

2018年8月26日付け「編集手帳」要約

近年人気上昇中のサバ缶は、最近のブームで品薄だという。
生産量で長年君臨した缶詰の王者、ツナ缶を抜き去った。
大手メーカーは、原料の高騰を理由に9月の出荷から約1割の値上げを行う。
サバ缶よお前もか!と胸が騒ぐが、漁獲量は安定しているという。
レシピ本を開いてみるとそそられる料理が並ぶ。
料理ができぬ我が身を忘れてパカッと一つ、開けてみたくなる。

 

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.11付け「編集手帳」要約

切り札が筒井さん

2018年11月11日付け「編集手帳」要約 作家の筒井康隆さんは、常に高度な実験に挑みつつ、大衆性を失わない。 その魅力を総括するのは難題で、ある意味実験的な催しと言えよう。 世田谷文学館で筒井康隆展 …

2017.02.28付け「編集手帳」要約

俺たちの明日は濃い霧の中

2017年2月28日付け「編集手帳」要約 『俺たちに明日はない』という“超訳”は、邦題の名作である。 その主役を演じたウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイがアカデミー賞のプレゼンターを務めた。 司 …

2017.06.06付け「編集手帳」要約

焦るな中学3年生

2017年6月6日付け「編集手帳」要約 “身代金要求型”のコンピュータウイルスを作成したとして、大阪府の少年(14)が逮捕された。 「自分の知名度を上げたかった」という。 中学3年生が何を焦る。 専門 …

2017.11.07付け「編集手帳」要約

商売の神ではなかったことを念ずる

2017年11月7日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が7月、米中西部でこんな演説をした。 「偉大なリンカーンを除き、私は他の誰よりも大統領らしくなれる」。 商売っけたっぷりの大統領が、いつから民主 …

2017.02.04付け「編集手帳」要約

見え隠れで話題になる

「関東の富士見百景」233地点のうち、少なくとも6地点で眺望が失われたという。 江戸時代の、歌川広重の浮世絵「する賀てふ」。 大正期の川柳、〈駿河町広重の見た富士が見え〉。 見えて話題になり、隠れて話 …