編集手帳

豚さんに申し訳なくて使えない

投稿日:2018年8月25日 更新日:

2018年8月25日付け「編集手帳」要約

「豚児」とは、自慢の息子をへりくだっていう語である。
金足高校で、野球部が甲子園を沸かせているさなか、9匹の子豚が生まれた。
畜産を学ぶ高橋内野手が一匹一匹に部員の名前を付けるという。
まさに「豚児」でありながら、自慢の子供になるだろう。
同時期に残念なこともあった。
アジア大会のバスケットボール男子の事件である。
代表選手にとってウェアは真珠だろう。
豚さんに申し訳なくて、あの慣用句が使いにくい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.25付け「編集手帳」要約

チンピンとは俺のことかとジンピン言い

2017年10月25日付け「編集手帳」要約 〈ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い〉 外国の発音を片仮名に置き換えるのは難しい。 ゲーテは当初29通りの表記が見られたという。 それに比べると習近平国家主 …

2018.09.23付け「編集手帳」要約

隔たりは大きいが心理を伝えてと願う

2018年9月23日付け「編集手帳」要約 聖徳太子創建の瑞光寺には、鯨の骨で出来た雪鯨橋がある。 半世紀ごとの架替えのたびに使う鯨の骨も商業捕鯨禁止のためにピンチだ。 先日の国際捕鯨委員会総会で、日本 …

2017.09.21付け「編集手帳」要約

変わっていく高校野球

2017年9月21日付け「編集手帳」要約 高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。 1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2017.09.23付け「編集手帳」要約

企業トップの覚悟を問う

2017年9月23日付け「編集手帳」要約 不祥事の泥沼に落ちた企業のトップがいかに経営責任を果たすべきか。 現実から目を背けず責任の所在を明らかにし、根本から改める。 心底からやり切る覚悟が経営者にな …