編集手帳

ムコ殿は気が優しくて力持ち

投稿日:2018年8月24日 更新日:

2018年8月24日付け「編集手帳」要約

『必殺仕事人』でおなじみの菅井きんさんが92歳で亡くなった。
訃報に、「ムコ殿!」とつぶやいてみた方もおいでかもしれない。
名脇役の勲章だろう、出演歴の多さに驚く。
殉職したジーパン刑事の母役で泣くことになるが、私生活は幸せであった。
〈ムコ殿は気は優しくて力持ち〉と著書に書いた部分もある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.09付け「編集手帳」要約

てるみほわいくらぶ

2017年11月9日付け「編集手帳」要約 『Don’t Tell Me』(マドンナ) テルミーだと『私に聞いて下さい」だが、ドントがつくと「まさか…なんてことではないでしょうね」の意となる …

2018.07.11付け「編集手帳」要約

てんでんばらばらな病院

2018年7月12日付け「編集手帳」要約 てんでんばらばらの「てんでん」は、否定的に使われる。 しかし、漁師町、銚子市には「てんでんしのぎ」という言葉が伝わる。 海の仕事は危険だ。 船員一人ひとりに「 …

2018.01.20付け「編集手帳」要約

国民的辞書であることの証明

2018年1月20日付け「編集手帳」要約 岩波書店「広辞苑」第7版に相次いで誤りが見つかっている。 新版で追加された1万語の一部だが、発見のスピードに少々驚く。 12日に発売されたばかりである。 辞書 …

2017.05.25付け「編集手帳」要約

土俵に帰ってくる日を待つ

2017年5月25日付け「編集手帳」要約 「稀勢の里、危ない!」 大相撲の夏場所、稀勢の里−千代の国戦。 俵に追いつめられた横綱にアナウンサーが叫んだ。 左肩の負傷、完治にほど遠い身で土俵を務める姿に …

2017.05.26付け「編集手帳』要約

旅へと誘われたその人たちの歌声

2017年5月26日付け「編集手帳」要約 永六輔さんが京都を訪れ、タクシーが三千院の前を通ったとき。 「くだらない唄のせいで混雑して困ったものです」と、言った。 その『女ひとり』を歌った、デューク・エ …