編集手帳

日付の刻みが虚無をさそう

投稿日:2018年8月14日 更新日:

2018年8月14日付け「編集手帳」要約

防空壕は国の指導のもと隣組で掘ったという。
だが、全く役に立たず、大勢の方が粗末な防御法を信じて命を失った。
秋田では終戦間際の8月14日夜から15日未明にかけて米軍の空襲にあった。
明日終戦と空襲の日が二つかさなる都市は、小田原などほかにもある。
終戦の年ほど、こよみの日付の刻みが虚無をさそう夏はあるまい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.06付け「編集手帳」要約

大義、親を滅す

2018年1月6日付け「編集手帳」要約 直言で知られた住田正二さんが95歳で亡くなった。 ロッキード事件の際、政治家を恐れず事実を証言したため会社を追われた。 あるべき道義と自らの地位をてんびんにかけ …

2017.03.04付け「編集手帳」要約

果し状の相手が違っている

2017年3月4日付け「編集手帳」要約 「果し合いに出かける昔の侍」に自身をなぞらえた。 “三十六人斬り”で知られる剣豪荒木又右衛門の雄姿を想像したが、まぼろしに終った。 みんなで決めたことで、「私だ …

2017.07.28付け「編集手帳」要約

立派なハンドルを装備せよ

2017年7月28日付け「編集手帳」要約 民進党の蓮舫代表が辞任をするという。 その党を会社に例えると、〈民主自動車〉の頃、外交・安全保障というハンドルが脱落する欠陥を製造して客足が遠のいた。 〈民進 …

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …

2017.01.09付け「編集手帳」要約

新成人に何を伝えるか

オックスフォード大学では、上級生が下級生に大人の会話の作法を伝える伝統がある。 だが、作法も何もない、罵詈雑言を重ねる人物が大国の指導者になる。 123万人の新成人が、新たな門出を迎えた。 新成人に何 …