編集手帳

安心して下さいと綴れる日が早く来い

投稿日:2018年8月12日 更新日:

2018年8月12日付け「編集手帳」要約

松江市の南部、旧揖屋町には黄泉比良坂の当該地を示す石碑が立つ。
そこに置かれたポストには、天国に向けた手紙、の投函が相次いでいるという。
それと同じ言葉が今、あちこちの墓前で唱えられていることだろう。
西日本豪雨の被災地では多くの墓石が土砂に流され、遺骨も行方知れずになった。
一日でも早く便りをつづれる日常が戻れば、と祈る。
〈少しは落ち着きましたから。安心して下さい〉と。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.31付け「編集手帳」要約

ときにはそういう夜もある

2017年3月31日付け「編集手帳」要約 今日で3月が終わる。 故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。 いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、 …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2017.02.21付け「編集手帳」要約

負の言葉に情緒が宿る

2017年2月21日付け「編集手帳」要約 名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。 そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。 “悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、とき …

2018.09.17付け「編集手帳」要約

豊かな玄冬の構想を練ってみる

2018年9月17日付け「編集手帳」要約 青春の対局の「玄冬」を扱う作品が目立つ。 『傘寿まりこ』、80歳のまり子さんが自分らしく生きようと奮闘する姿を描く。 『おらおらでひとりいぐも』、夫を亡くした …

2017.04.19付け「編集手帳」要約

腹の中が火事コだろう

2017年4月19日付け「編集手帳」要約 棟方志功は自分の作品を「板画」と称した。 神奈川県の所蔵する作品『宇宙讃(神奈雅和の柵)』が何者かにより、 カラーコビーの偽物にすり替わっていたという。 3年 …