編集手帳

安心して下さいと綴れる日が早く来い

投稿日:2018年8月12日 更新日:

2018年8月12日付け「編集手帳」要約

松江市の南部、旧揖屋町には黄泉比良坂の当該地を示す石碑が立つ。
そこに置かれたポストには、天国に向けた手紙、の投函が相次いでいるという。
それと同じ言葉が今、あちこちの墓前で唱えられていることだろう。
西日本豪雨の被災地では多くの墓石が土砂に流され、遺骨も行方知れずになった。
一日でも早く便りをつづれる日常が戻れば、と祈る。
〈少しは落ち着きましたから。安心して下さい〉と。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.07付け「編集手帳」要約

自然で素朴な国民感情だ

2017年10月7日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 ナニ人とかナニ民族というのは、紛争の下地のように思えて普段は遠慮するが、この喜びはなんだろう。 いまは英 …

2017.06.19付け「編集手帳」要約

梅雨に梅仕事

2017年6月19日付け「編集手帳」要約 梅雨入りと前後して、梅の実が収穫期を迎える。 漬け込んだり、煮詰めたり、その滋養を存分に暮らしに取り込む作業を梅仕事という。 庭に梅の木のある家は減ったが、梅 …

2018.03.05付け「編集手帳」要約

円盤はロマンを求める人の心の中にある

2018年3月5日付け「編集手帳」要約 空飛ぶ円盤は宇宙人の乗り物という呪縛は今も根強くあるうようだ。 だが、日本政府も米国も異星人が来た証拠は得られなかったと公式に言っている。 三島由紀夫は一時期、 …

2017.08.10付け「編集手帳」要約

記憶を呼び覚ます匂いが待っている

2017年8月10日付け「編集手帳」要約 匂いは記憶の喚起装置ともいわれる。 ふるさとでお盆休みを過ごす人の、旅立つ季節である。 夕暮れの縁側に漂う蚊取り線香の煙。 夕暮れに濡れた土。 線香花火の火薬 …

2017.06.18付け「編注手帳」要約

父親のにおい

2017年6月18日付け「編集手帳」要約 「におい」は、良いにおいは「匂い」に、不快なにおいは「臭い」に変換される。 お母さんのにおいは、「匂い」になるだろう。 お父さんのにおいはどうか。 江藤淳の『 …