編集手帳

ヒゲをあたる

投稿日:2018年8月10日 更新日:

2018年8月10日付け「編集手帳」要約

ヒゲをあたる、顔をあたる。
都会では「10分カット」が花盛りで剃毛自体をしなくなった店も増え、ほとんど聞かれなくなった。
「読売歌壇」に以前こんな詩が載った。
〈剃刀五丁この夕暮れに研ぎあげてわが鋭こころはしづかになりぬ〉
詠んだ方は、年季の入った職人さんに違いない。
剃刀の腕への誇りも、そこはかとなく漂う。
清潔感といい、さっぱり感としい、見直されていい文化だろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2017.02.27付け「編集手帳」要約

両国の関係を善導したい

2017年2月27日付け「編集手帳」要約 外交評論家の清水洌は、 米国による移民排斥を目の当たりにしても、日米協調の重要さを訴えた。 〈時々にみる米国および米国人の傍若無人の態度に甚だしき不満を覚えな …

2017.04.04付け「編集手帳」要約

看という字に口も重なるといい

2017年4月4日付け「編集手帳」要約 病気や体調不良のとき、外国で言葉が通じないのは困りものである。 そこで東京大学病院など約20の病院で、 医療の現場で使える自動翻訳装置の実証実験を始めるという。 …

2017.08.30付け「編集手帳」要約

独裁者と通じる側に問う

2017年8月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。 緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。 核実験の準備も整えたという。 国際社会の …

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …