編集手帳

じいも行く

投稿日:2018年8月7日 更新日:

2018年8月7日付け「編集手帳」要約

「油虫」という名が「ゴキブリ」に変わったのは、明治以降とされている。
その虫を、思い出すだけで卒倒しそうになる。
最近、「じいがいる、じいかいる!」と騒ぐところに出くわした。
調べてみると「G」という呼び方が、若い世代に定着していることがわかった。
国立科学博物館で開かれている『昆虫展』の「Gの部屋」がなかなか好評だという。
見方を変える人も多いことだろう。
じい(小欄)も行く。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.14付け「編集手帳」要約

双方が芭蕉扇を携えておきたい

2018年5月14日付け「編集手帳」要約 「西遊記」の魅力は、旅の途中で見せる「自分勝手」な行動のおもしろさ、中国独特の「大げさ」な表現が子供心を捉える。 それと同じでは困るのが外交だ。 中国の李克強 …

2017.01.26付け「編集手帳」要約

金色に輝く頭の中は推測しがたい

「不公平だ」 トランプ大統領が日本の自動車市場をやり玉に挙げた。 しかし、日本は何ひとつ差別していない。 80年台からタイムマシンに乗って飛来したかのような、時代錯誤の乱暴な発言だ。 ただの不勉強なの …

2017.02.17付け「編集手帳」要約

狂の字がふさわしい人物

今ではほとんど使われない言葉、〈佯狂〉は狂気を装うことを言う。暴虐の限りを尽くす権力者の周囲にはいつの世も、血縁の犠牲者が生まれる。 マレーシアの空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男 …

2017.10.06付け「編集手帳」要約

アメリカの現状

2017年10月6日付け「編集手帳」要約 〈建国の父たちとは本当に聡明な人々だったのだろうか〉と、問いかける。 建国当初の米国は、農民に借金と重税を負わせ、返済に苦しんだ農民の一揆が治安を揺るがした。 …

2018.11.05付け「編集手帳」要約

キノコに学んでみるのもいい

2018年11月5日付け「編集手帳」要約 キノコが豊作の今秋は採集に伴う事故にご注意ください。 キノコの本体は地中に広がる菌糸で、インターネットさながら森の植物を結びつけ、 朽ち木や落ち葉を分解して新 …