編集手帳

悲しみが日付の並びに浮かぶ

投稿日:2018年8月6日 更新日:

2018年8月6日付け「編集手帳」要約

今年は終戦の年、1945年とすべての日付と曜日が同じになる年である。
広島原爆忌を迎えたきょう、同じ月曜日だった。
折免滋さん(当時13歳)が犠牲になり、母のシゲコさんがさがし回り3日後の早朝、見つけた。
平和記念館に展示されている、「折免」の刻字で滋さんだとわかったという。
それが木曜日、その数時間後、今度は長崎に原爆が投下された。
壁掛けのカレンダーを眺めながら、この稿を書いている。
無数の犠牲者の悲しみが日付の並びに浮かぶように見える。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …

2018.02.12付け「編集手帳」要約

どんな思いで五輪を見つめている

2018年2月12日付け「編集手帳」要約 オーストラリアから日本陸軍の調査に来たテオドール・フォン・レルヒ少佐。 陸軍はレルヒがスキーの名人だと知り指導を依頼した。 新潟県高田の師団に赴いたレルヒは軍 …

2017.09.27付け「編集手帳」要約

対立は過激派勢力を利するだけだ

2017年9月27日付け「編集手帳」要約 イスラム世界の英雄サラディンの「末裔」クルド人が、独立の賛否を問う住民投票に踏み切った。 過去に迫害を受け、国を求める願いは切実だろうが、イラクや周辺国との間 …

2018.07.01付け「編集手帳」要約

道徳力を測る指標

2017年7月1日付け「編集手帳」要約 今春から小学校で道徳が教科になった。 『答えのない道徳の問題 どう解く?』にあるように、個々の内面的な原理として働く道徳をどう教えるのか。 現場では戸惑いの声も …

2018.07.23付け「編集手帳」要約

地方をどう守るか柔軟に考えたい

2018年7月23日付け「編集手帳」要約 児童書『さかさ町』は、すべてが逆さまな街の様子を描いている。 頭の柔らかい子供には理屈なく面白いらしい。 日本でも昔と今で逆さまが生じている。 年齢別構成を表 …