編集手帳

こころ揺さぶられる日々が始まる

投稿日:2018年8月5日 更新日:

2018年8月5日付け「編集手帳」要約

凛としてたたずむ漆喰のスコアボードは甲子園球場の顔だ。
それが潜水艦と呼ばれていた時代の艦長さんは、「私は高校野球の悲しいところだけしか見ていない」と言っていた。
勝者より敗者が記憶に刻まれる。
それが甲子園というものなのだろう。
「負けることが大事。全力で負ける。それが糧になる」。
大海原、泥まみれになって散る球児に、こころ揺さぶられる日々が始まる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.30付け「編集手帳」要約

太平楽な政府・自民党

2017年6月30日付け「編集手帳」要約 〈寝テ居ルモ奉公ナリ〉、ぐうたら寝てばかりいる家臣でも、何かの役に立っている。 と、江戸時代の儒学者荻生徂徠は『太平楽』という文章に書いている。 へたに起きて …

2017.07.23付け「編集手帳」要約

夏休みの終わりは大海の水平線

2017年7月23日付け「編集手帳」要約 各地の小中学校で先週、終業式が行われた。 この時期の子供にとっての休みの終わりは大海の水平線のようなものだろう。 子供の学力向上を旗印に、授業日数増加の方針を …

2017.01.31付け「編集手帳」要約

帳簿の人よ

「どこかの島に立っていて、右手にたいまつを、左手に帳簿を持っています」。 初めてニューヨークを訪れた男が、観光名所を探した。 建国の精神を高らかに歌った独立宣言書、帳簿と間違えられては「自由の女神像」 …

2018.09.24付け「編集手帳」要約

懲りないウォール街

2018年9月24日付け「編集手帳」要約 ちょうど10年前に起きたリーマン・ショック。 危機の発端は、低所得者向けの住宅ローンに関連した米国の金融商品。 金儲け優先で、中身も分からずに取引した結果だっ …

2017.03.16付け「編集手帳」要約

星案内へ司法の発した宿題

2017年3月16日付け「編集手帳」要約 放送局で衛星中継のことを〈星送り〉と呼んだ。 それにならえばGPSは〈星案内〉とでもなろう。 漢字の「星」がカタカナの“ホシ”になると意味が変わる。 捜査機関 …