編集手帳

ボクシングより奇妙は身分

投稿日:2018年8月2日 更新日:

2018年8月2日付け「編集手帳」要約

「ボクシングは奇妙なスポーツだ。同じことを街でやってみろ。たちまち逮捕される」
ボクシングはただの殴り合いではない。
奇妙でないことを訴え続けすそ野を広げてきた。
そのボクシング連盟の山根会長が告発された。
均等に支給されるはずの助成金を不当にふり分けたり、意向に沿う判定にするように審判に示唆したりしたという。
山根氏の正式な身分は「終身会長」。
「名誉」が抜けているのでは、と目を疑う。
ボクシングよりはるかに奇妙である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.14付け「編集手帳」要約

人生の中の18歳の位置

2018年3月14日付け「編集手帳」要約 成人年齢を20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。 18歳という年齢は、成長曲線を山道に例えれば、最も急峻なところにいる年齢ではないか。 成人の肩書 …

2018.08.19付け「編集手帳」要約

改めて思いを馳せたい

2018年8月19日付け「編集手帳」要約 首都高は東京五輪までの開通が至上命令だった。 そのため、用地買収の手間を省き河川や道路上に高架を通した。 残念なのは、ご街道の起点、日本橋が高架に覆われること …

2018.11.17付け「編集手帳」要約

一本線を入れ身を引き締めよ

2018年11月17日付け「編集手帳」要約 「お酒落禁止」と居酒屋のメニューの端に、「お洒落」のもじりが書かれていた。 「洒」は一本線が入ると「酒」になる。 それに「落」がついて、酒には落とし穴がある …

2018.05.20付け「編集手帳」要約

緑の大山脈を歩く喜び

2018年5月20日付け「編集手帳」要約 山崎豊子さんが先輩作家に当てた書簡の数々が初公開された。 34歳で直木賞を受賞したおりに「はげ山に一本一本、黄を植えていくような、いわば植林小説を書いていきた …

2017.05.06付け「編集手帳」要約

もうひと頑張りお願いしたい

2017年5月6日付け「編集手帳」要約 高速道路の渋滞で、夜の下り線を埋め尽くすテールランプには悲壮感が漂う。 技術革新が進み、自動運転や観光バスのギアがオートマチックになると、赤いテールランプのイメ …