編集手帳

牛より丑がやっぱり恋しい

投稿日:2018年7月29日 更新日:

2018年7月29日付け「編集手帳」要約

土用の丑の日はウシを食べよう!
高騰し続ける一方のウナギの価格に、ウシつながりに賭けた飲食店や百貨店があったとか。
来年の国際会議での議論次第でニホンウナギの輸出入が制限される可能性もあるという。
今年は来月の1日に「二の丑」が巡ってくる。
牛だって立派なスタミナ食だと強がってみるものの、やっぱり恋しい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.30付け「編集手帳」要約

颶風一過はどうなっているのか

2017年9月30日付け「編集手帳」要約 内田百閒によると颱風よりも激しい暴風を「颶風」という。 今回政界を見舞った暴風雨は、颶風と呼ぶにふさわしかろう。 今回の風は、台風のように進路や規模が予測でき …

2017.04.04付け「編集手帳」要約

看という字に口も重なるといい

2017年4月4日付け「編集手帳」要約 病気や体調不良のとき、外国で言葉が通じないのは困りものである。 そこで東京大学病院など約20の病院で、 医療の現場で使える自動翻訳装置の実証実験を始めるという。 …

2017.07.11付け「編集手帳」要約

遠くからそっと見守るのがいい

2017年7月11日付け「編集手帳」要約 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島が、世界遺産の文化遺産のリストに加わる。 封を施さずとも秘宝が守られたのは一木一草一石たりとも持ち出せず、立ち入りが厳しく制限さ …

2017.08.22付け「編集手帳」要約

名探偵に訪ねたい

2017年8月22日付け「編集手帳」要約 シャーロック・ホームズシリーズに、『オレンジの種五つ』がある。 その中にアルファベットのKが三つ並ぶ封筒のことが書かれている。 この週末、人種差別反対を訴える …

2017.02.17付け「編集手帳」要約

狂の字がふさわしい人物

今ではほとんど使われない言葉、〈佯狂〉は狂気を装うことを言う。暴虐の限りを尽くす権力者の周囲にはいつの世も、血縁の犠牲者が生まれる。 マレーシアの空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男 …