編集手帳

熱の銀行総裁に退任願いたい

投稿日:2018年7月28日 更新日:

2018年7月28日付け「編集手帳」要約

気象エッセイストの倉島厚さんによると、水は「熱の銀行」という。
空のどこかに「熱の銀行」総裁がいるとしたら、退任願いたい。
台風12号の進路予想が悩ましい。
西日本の被災地はこの7月のうちに、豪雨、炎暑、台風と三つの災害に襲われることになる。
〈天災は忘れたころにやってくる〉のではなかったか。
厳重な避難、警戒を。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.18付け「編集手帳」要約

天の計らいはときに薄情すぎる

2017年4月18日付け「編集手帳」要約 踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、 銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。 勇気。 崇高。 無私。 浮かぶ言葉すべてをも …

2018.05.24付け「編集手帳」要約

ジャーンと鳴っても証言はない

2018年5月24日付け「編集手帳」要約 テレビの人気アニメ『巨人の星』。 ライバルとの対決でいちいちジャーンと効果音がなるなど、じらすような展開はおなじみだ。 こちらも延長、延長で誰しもうんざりして …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.01.15付け「編集手帳」要約

世紀が変わっても古びない標語

1917年内田嘉吉が「安全第一」の訳語をあて啓発に乗り出した。 今年で百年になる。 〈日本人は兎角、ものの規則を無視する性癖があります… 掟を破ることを恥辱とは思はず、それを却って得意がる気風がありま …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …