編集手帳

初めっから逃げることにする

投稿日:2018年7月26日 更新日:

2018年7月26日付け「編集手帳」要約

〈いずれ駄目になることが分かっていて、それでも破滅からいかに逃れるかというテーマに積極的に向き合わなければならない〉(「私の社会復帰」阿佐田哲也)
先ごろ国会で成立したカジノ法の評判が芳しくない。
地域にお金を落としたとしても、破滅する人は必ず出てくる。
そうした賭けごとの宿痾への嫌悪も多分に含む国民の声にちがいない。
射幸心の制御にまるで自信のない小欄は先の言葉に強く恐れをなす。
ということで、そこからは初めっから逃げることにする。
ご同輩は少なくないだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.20付け「編集手帳」要約

国は範を示すことができないようだ

2018年4月20日付け「編集手帳」要約 財務省の福田淳一次官がセクハラ疑惑で辞任を表明した。 理由は騒ぎで職務を果たすことが難しくなったからで、疑惑は否定している。 非を認めないことがさらに嫌がらせ …

2017.06.13付け「編集手帳」要約

大川村のうぐいすは人来と鳴く

2017年6月13日付け「編集手帳」要約 平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。 〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。 「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ね …

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …

2017.12.12付け「編集手帳」要約

真実にかぶさるほこりを払え

2017年12月12日付け「編集手帳」要約 江戸の時代、13日は年に一度の大掃除「煤払い」の日だった。 相撲界が、元横綱・日馬富士の傷害事件の掃除をすませ、来年を迎える準備が整うのはいつだろう。 鳥取 …

2017.09.21付け「編集手帳」要約

変わっていく高校野球

2017年9月21日付け「編集手帳」要約 高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。 1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前 …