編集手帳

ふだんの夏に早くもどれることを

投稿日:2018年7月25日 更新日:

2018年7月25日付け「編集手帳」要約

倉敷市真備町で断水が解消された。
西日本豪雨の被災者には高齢世帯が大きと聞いていたので、少しホッとする。
台所にはまだ泥が残り、災害ごみが片付かないにしても、水道の復旧なしに生活の再建は始まらない。
子供たちが夏休みに入った。
帰省の増える時節に、例年通りならば、祖父母の家の台所は大活躍だったろう。
ふだんの夏に早くもどれることを。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.31付け「編集手帳」要約

緑帯、赤い帯、青い帯…への思い

2017年5月31日付け「編集手帳」要約 〈ゆめみひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯/トウがたったら青い帯/行きつく先は黄ン帯〉 岩波文庫は背表紙の色で分類されているが、かつては …

2017.11.26付け「編集手帳」要約

味わいを末永く楽しむため

2017年11月26日付け「編集手帳」要約 大西洋のクロマグロは、乱獲で激減したが、その後の各国で漁を減らし数が回復した。 一方、太平洋では今も現象が深刻だ。 大西洋からの供給が戻るうちに、太平洋で厳 …

2018.07.18付け「編集手帳」要約

青空と太陽の貸しを返させよう

2018年7月18日付け「編集手帳」要約 〈…きみたちは/甲子園に1イニングの貸しがある/そして/青空と太陽の貸しもある〉『甲子園の詩 敗れざる君たちへ』 詩の本意は無念よりもその後の人生の励ましだろ …

2017.12.19付け「編集手帳」要約

検査の要は外見ではない

2017年12月19日付け「編集手帳」要約 学校ではもう「身体検査」とは言わないらしい。 だが「政治の世界では」、〈死語ならず「身体検査」生きゐたり今は健康診断と言ふ〉(伊藤一彦)。 今年の永田町界隈 …

2017.01.26付け「編集手帳」要約

金色に輝く頭の中は推測しがたい

「不公平だ」 トランプ大統領が日本の自動車市場をやり玉に挙げた。 しかし、日本は何ひとつ差別していない。 80年台からタイムマシンに乗って飛来したかのような、時代錯誤の乱暴な発言だ。 ただの不勉強なの …