編集手帳

地方をどう守るか柔軟に考えたい

投稿日:2018年7月23日 更新日:

2018年7月23日付け「編集手帳」要約

児童書『さかさ町』は、すべてが逆さまな街の様子を描いている。
頭の柔らかい子供には理屈なく面白いらしい。
日本でも昔と今で逆さまが生じている。
年齢別構成を表す人口ピラミッドだ。
2040年には西洋風の「棺おけ型」になるという。
人口減少が未曾有の危機をもたらす現実は直視したほうが良さそうだ。
特に地方が深刻で、これからの自治体の姿について政府の地方制度調査会が議論を始めた。
地方の暮らしを守るにはどうすればいいか。
頭を柔らかくして考えたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.06付け「編集手帳」要約

焦るな中学3年生

2017年6月6日付け「編集手帳」要約 “身代金要求型”のコンピュータウイルスを作成したとして、大阪府の少年(14)が逮捕された。 「自分の知名度を上げたかった」という。 中学3年生が何を焦る。 専門 …

2017.06.22付け「編集手帳」要約

神様が羽織を引いたのかも

2017年6月22日付け「編集手帳」要約 将棋の神様がその人の羽織を引いたのかも知れない。 最年長棋士の加藤一二三九段が一昨日、最後の対局に敗れて引退した。 その一夜明けたきのうは最年少棋士の藤井聡太 …

2017.10.01付け「編集手帳」要約

甘い話の副作用と対処法はいかに

2017年10月1日付け「編集手帳」要約 夏目漱石は無類の甘党だった。 絶えず胃痛を訴えつつ、甘い菓子がやめられずついには糖尿病を患った。 甘い誘惑にあらがえず、深刻な病に至るのは我が国の財政も然りで …

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …

2018.11.25付け「編集手帳」要約

大丈夫だよね?

2018年11月25日付け「編集手帳」要約 日本アニメに憧れて、18年前にスペインからやってきたイバイ・アメストイさん。 まさか、こんな大役を担うとは思っていなかっただろう。 万博開催地を決める最終プ …