編集手帳

古い根性論とはおさらばしよう

投稿日:2018年7月22日 更新日:

2018年7月22日付け「編集手帳」要約

根性、という言葉。
役人根性、やじうま根性というように、元々好ましくない人の性質を指す言葉として使われていた。
それが、前回の東京五輪を転機に意味が劇変する。
精神主義と密接にからみ合い、スポ根なる言葉も生まれた。
それが今また、曲がり角に来ている。
勝負の一局面で強い気持ちが必要となるのは確かだ。
けれど、非効率、長時間の練習を通して育まれるものではなかろう。
野球は根性でなくて、サイエンス、そう言い切る監督もいる。
炎天下の夏、古い根性論とはおさらばしよう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.30付け「編集手帳」要約

立場ある人がおとしめてどうする

2018年7月30日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出劇に、実は日本も一役買っていた。 JAXAの観測衛星「だいち2号」が、現地の精密な地形図を撮影してタイ政府に提供した …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2018.08.30付け「編集手帳」要約

扇風機一つでも寒い

2018年8月30日付け「編集手帳」要約 岐阜の病院で、高齢の入院患者5人が熱中症とみられる症状で亡くなった。 冷房が壊れ、病室には1台の扇風機が回っていただけだった。 暑さがまだ災害と呼ばれない時代 …

2017.10.13付け「編集手帳」要約

そもそもの議論はどうなった

2017年10月13日付け「編集手帳」要約 大磯町の「まずい給食」問題が決着するという。 町は業者との契約を解除する。 毛髪混入など異次元の浮上でかき消えたが、そもそもの議論はどうなったろう。 味が薄 …

2017.05.27付け「編集手帳」要約

ありすさび、昭和の味カール

2017年5月27日付け「編集手帳」要約 「ありすさび」、一緒にいることに慣れ相手の存在を意識せず、なおざりにすることをいう。 明治がスナック菓子「カール」の販売を東日本でやめるという。 ♪ハァ〜オラ …