編集手帳

平穏な夏であれ

投稿日:2018年7月2日 更新日:

2018年7月2日付け「編集手帳」要約

早々に梅雨明けした東京あたりでは、盛夏のような天気が続く。
今日は七十二候の「半夏生」。
この頃に降る「半夏雨」は、大雨になることが多いとされる。
意表をつく気象の今年ゆえ、どうか常にも増して備えを万全に。
平穏な夏であれ。
子供たちのはしゃぎ超えを聞きつつ、そう思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.09付け「編集手帳」要約

悪くないニュースだ

2018年8月9日付け「編集手帳」要約 1985年8月12日、御巣鷹の尾根に墜落した日航機の犠牲者の忌日が近づく。 原因は圧力隔壁の修理が完全でなかったこととされている。 いかに時を経ようと悔いは尽き …

2017.02.25付け「編集手帳」要約

ゲームの音色はどう変わる

2017年2月25日付け「編集手帳」要約 巨人の江川はライバル、阪神の掛布に対して無茶苦茶速いボールで敬遠した。 阪急のダリル・スペンサーは敬遠攻めに怒り、バットを上下逆さまに持って打席に立った。 敬 …

2018.08.30付け「編集手帳」要約

扇風機一つでも寒い

2018年8月30日付け「編集手帳」要約 岐阜の病院で、高齢の入院患者5人が熱中症とみられる症状で亡くなった。 冷房が壊れ、病室には1台の扇風機が回っていただけだった。 暑さがまだ災害と呼ばれない時代 …

2017.08.27付け「編集手帳」要約

『レモン林』に、胸を突かれる

2017年8月27日付け「編集手帳」要約 小笠原諸島・父島に『レモン林』という小笠原民謡がある。 〈レモン林の甘い香りの中で キッスをしたのをお月様が見てた〉 父島は、日本とミクロネシアとの中継点とし …

2018.06.25付け「編集手帳」要約

宇宙から何を持ち帰るか

2018年6月25日付け「編集手帳」要約 打ち上げから3年半、はやぶさ2号が、3億キロ離れた小惑星リュウグウに迫っている。 近づいたことで、リュウグウの形はそろばん玉のようであることもわかった。 秋に …