編集手帳

平穏な夏であれ

投稿日:2018年7月2日 更新日:

2018年7月2日付け「編集手帳」要約

早々に梅雨明けした東京あたりでは、盛夏のような天気が続く。
今日は七十二候の「半夏生」。
この頃に降る「半夏雨」は、大雨になることが多いとされる。
意表をつく気象の今年ゆえ、どうか常にも増して備えを万全に。
平穏な夏であれ。
子供たちのはしゃぎ超えを聞きつつ、そう思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.13付け「編集手帳」要約

平凡は妙手にまさる

2017年3月13日付け「編集手帳」要約 大山康晴15世名人は住民票を終生、倉敷に残した。 郷里に住民税を納めたかったからという。 ふるさと納税は、その気持ちを制度にしたものだろう。 だが、返礼品が人 …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …

2018.01.14付け「編集手帳」要約

冬の香りを楽しみたい

2018年1月14日付け「編集手帳」要約 正月を締めくくるどんと焼き。 立ち上る炎をともに辺りに漂う木やわらの焼ける匂いに、参加者はどんな印象を残すだろうか。 食べ物の探索や敵の察知など生存に欠かせな …

2018.06.06付け「編集手帳」要約

訴訟だということを忘れそうになる

2018年6月6日付け「編集手帳」要約 「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。 それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。 どんな裁判になるのだろう。 …

2018.02.18付け「編集手帳」要約

勇気をもらった絶対王者の復活劇

2018年2月18日付け「編集手帳」要約 無比の存在の「王者」に「絶対」を重ねた異名を背負う重圧はいかほどか。 フィギャアスケートの羽生結弦選手である。 捻挫、流血、靭帯損傷…。 栄光と負傷とがないま …