編集手帳

世の中につけられた二つの名前

投稿日:2018年6月30日 更新日:

2018年6月30日付け「編集手帳」要約

暦の月替りを頼りにすれば、今日で1年の半分が終わる。
どんな半年だったか。
記憶をたどると、こと事件に関しては、ひと月もさかのぼらないうちに息切れしてしまう。
これほど寒心にたえない日々が続くと、平穏とはどんな日々かが分からなくなる。
〈葭…(ヨシ……善)も/葦…(アシ……悪)も/私につけられた二つの名前です/どちらの名前で呼ばれてもハイと答えます〉(吉野弘「風流譚」)
私というのは世の中のことだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.04付け「編集手帳」要約

また明日から仕事か

『仕事始め』と題する赤川次郎さんのショートショートは、 〈ーーまた明日から仕事か〉の一文から始まる。 箱根駅伝の復路。 山を降りてオフィス街へ戻っていく道程に、独りごちた方もあったろう。 箱根駅伝で耳 …

2017.05.13付け「編集手帳」要約

あついぞ!熊谷

2017年5月13日付け「編集手帳」要約 「炎熱」「炎天」は夏の季語で、生命を輝かせる熱源としてとらえた句に名句が多い。 〈あついぞ!熊谷〉 俳句でないが、これも名文句だろう。 「住みにくさをアピール …

2017.05.16付け「編集手帳」要約

米大統領の遠い昔ばなし

2017年5月16日付け「編集手帳」要約 ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター選手の背番号「2」を、永久欠番とするセレモニーを報じた記事を読んで。 ジョージ・W・ブッシュ大統領がヤンキースタジア …

2018.09.05付け「編集手帳」要約

災害に立ち向かうとは逃げること

2018年9月5日付け「編集手帳」要約 【風潮】は、同形異義語であることが忘れ去らたかのような言葉だ。 かざしお、と読めば〈台風などのために起こる高潮〉の意味だ。 台風21号で高潮の被害にあった関西国 …

2017.08.27付け「編集手帳」要約

『レモン林』に、胸を突かれる

2017年8月27日付け「編集手帳」要約 小笠原諸島・父島に『レモン林』という小笠原民謡がある。 〈レモン林の甘い香りの中で キッスをしたのをお月様が見てた〉 父島は、日本とミクロネシアとの中継点とし …