編集手帳

沢山の「でね」が飛び交っただろう

投稿日:2018年6月29日 更新日:

2018年6月29日付け「編集手帳」要約

先の26日で、小笠原諸島が米国から日本に返還されて50年を迎えた。
小笠原諸島には戦後まもなく帰島者が作り、歌い継がれてきた「レモン林」という民謡がある。
〈♪若い二人は人目が恥ずかしい でね レモン林でかくれて…〉
歌詞の中の「でね」は、会話をつなぐときの「でね」だろうか。
日本出身者の帰島は、返還後に行なわれた。
遅れて故郷に戻った人々はどんな思い出「レモン林」を聞いたろう。
はずむ会話のなかにたくさんの「でね」が飛び交い、今の島の暮らしへと続く。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.12付け「編集手帳」要約

悲惨でなく不快を選択した日米同盟

言葉巧みに擦り寄ることを「巧言令色」という。 日米同盟の列車に隣り合って座る、激情にかられ予測不能の人に、「剛毅木訥」で接しては危ない。 政治の要諦は“不快”と“悲惨”の選択にあるといわれる。 日米同 …

2017.06.26付け「編集手帳」要約

新たな危険な虫との闘い

2017年6月26日付け「編集手帳」要約 新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。 ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。 毒虫退散の祈りが再び切実な響き …

2018.08.18付け「編集手帳」要約

もう対懣はよしましょう

2018年8月18日付け「編集手帳」要約 〈タイマンをはる〉の語源は雑学本によると古代中国の「対懣」とされている。 だが。中国の文献では見かけることはなくちょっと怪しい。 東シナ海に設ける禁漁期が今年 …

2018.09.01付け「編集手帳」要約

「防災の日」備えに心砕こう

2018年9月1日付け「編集手帳」要約 きのう8月を見送った。 悲喜こもごもあったなかで、藤本理稀ちゃんの奇跡の救出劇を思い出す。 助けだしたねじり鉢巻姿の尾畠さんは「災害ボランティア」として全国を飛 …

2017.10.29付け「編集手帳」要約

タンスの奥のハンカチ

2017年10月29日付け「編集手帳」要約 〈引き出しの/奥のハンカチ/今日も奥〉 言われてみればそうだが、スポーツの指導者はそうはいかない。 生身の人間を選び、出番を与えるのは、どれほど難しのだろう …