編集手帳

友好の使者を絶やすな

投稿日:2018年6月17日 更新日:

2018年6月17日付け「編集手帳」要約

中国の『パンダ外交』を現代の日本に当てはめるなら、秋田犬外交だろうか。
ただし、計略の道具としないのが、日本の美徳だろう。
銀盤の女王に「マサル」を贈ったのは、民間団体が無償で行った草の根交流だった。
国内では犬舎の後継者不足など秋田犬を取り巻く現況は危機的らしい。
友好の使者を絶やさぬよう知恵を絞りたい。
将来、一頭の犬が国難を救うことがあるやも知れない?

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.06付け「編集手帳」要約

穏やかな眠りを一刻も早く

2017年7月6日付け「編集手帳」要約 暴れ狂う濁流の映像から目を離せずにいる。 気象庁はきのう夕刻、筑後・筑豊地方などに「大雨特別警報」を発表した。 土砂崩れや河川の氾濫におびえつつ、多くの住民が眠 …

2017.07.14付け「編集手帳」要約

小さな幸せを知らずに逝った人

2017年7月14日付け「編集手帳」要約 歳時記と古典落語にひっそりと残る「藪入り」 明後日がその日にあたる。 今年に限って思い出されるのは、働き方を考えさせられるニュースのせいかも知れない。 電通の …

2017.02.05付け「編集手帳」要約

心に日の差す時間が延びるといい

名のみの春ともいうが、日は長くなった。 そのように、人の心に日の差す時間も延びているといい。 「ただ寂しい」。 熊本地震で被災し、借家の「みなし仮説」に独り暮らす70歳の女性の言葉である。 被災者の孤 …

2018.03.09付け「編集手帳」要約

児相は普通の人のように騙されるな

2018年3月9日付け「編集手帳」要約 虐待を疑って昨年警察が児童相談所へ通告した件数が、過去最多となった。 この数だけ虐待が収束したというわけではない。 子供はかわいがるものであって、痛めつける大人 …

2017.02.11付け「編集手帳」要約

〈東風解凍〉、もうひと踏ん張りだ

天神さま、菅原道真。 早熟の天才児、政争の敗残者というふたつの面影を花に映じた、梅の人である。 七十二侯のひとつ〈東風解凍(はるかぜこおりとく)〉。 「東風」に縁の深い学問の神様が、受験生を励ましてい …