編集手帳

むなしくてやりきれない

投稿日:2018年6月16日 更新日:

2018年6月16日付け「編集手帳」要約

ザ・フォーク・クルセダーズの北山修さんが、精神科医に進んだ後メディアで見かけなくなった。
「顔が出ると、患者が私のことを話しているのかもと不安を招く」ため、撮影を断っていたそうだ。
それを本業へのけじめとした。
日田市の医師が窃盗で実刑判決を受けた。
精神疾患クレプトマニアを主張したが、裁判官は認めなかった。
もっといい医学知識の使い方があるだろう。
〈♪この限りないむなしさの 救いはないだろうか〉『悲しくてやりきれない』
むなしくても、やりきれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.18付け「編集手帳」要約

隠蔽ではなかったか

2018年4月18日付け「編集手帳」要約 陸上自衛隊のイラク派遣時の日報は、封印されたも同じである。 「戦闘」という文言が複数記述され、拠点とされていた「非戦闘地域」は実際、厳しい治安情勢だったことが …

2018.01.18付け「編集手帳」要約

ふるさとから受けた恩恵

2018年1月18日付け「編集手帳」要約 芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)は、郷里の「方言」から恩恵を受けた。 作家を目指して何年も苦闘を重ねたが、かつてなじんだ方言に着目したとたん、筆がどんど …

2017.05.28付け「編集手帳」要約

日々の過ごし方に注意する時節

2017年5月28日付け「編集手帳」要約 5月最後の日曜日、五月病とは無縁で月を越せそうな新入生や新人社員も気は抜けない。 “六月病”がある。 日照時間が短く、湿度が高い6月に心身の不調が起きやすくな …

2018.03.24付け「編集手帳」要約

永田町がさわがしい

2018年3月24日付け「編集手帳」要約 わが国で信用を損なう統計データが国会を惑わせた。 異常値が相次ぎ指摘された裁量労働制をめぐる調査である。 きのう加藤厚生労働相が撤回することを明らかにした。 …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …