編集手帳

小説を超える迫力ある教訓に

投稿日:2018年6月14日 更新日:

2018年6月14日付け「編集手帳」要約

約700人もの犠牲者を出した阪神大水害から今夏で80年となる。
関係自治体などが改めて当時の証言を集める活動を始めた。
その様子は、谷崎潤一郎の『細雪』にある。
谷崎はその取材時に、学校で生徒の作文をたくさん見せてもらったと明かす。
かつての作文の主が証言してくだされば、それ以上心強いことはない。
小説を超える迫力で未来への教訓になろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.10.31付け「編集手帳」要約

ネット時代の読書週間に思う

2018年10月31日付け「編集手帳」要約 〈批評家として僕は公平だし正しい男です。 僕がほめている間はあなたは大丈夫だと思っておいでなさい〉 東北初の直木賞作家、大池唯雄を支えた大佛次郎の手紙だ。 …

2018.10.02付け「編集手帳」要約

恐れながらも牛あげます

2018年10月2日付け「編集手帳」要約 パソコンの誤変換、「高価な品物」と入力して「効果無しな物」と出てきた。 ふるさと納税の問題で、高額な返礼を続ける自治体を対象から外すという。 それを受けて泉佐 …

2018.06.06付け「編集手帳」要約

訴訟だということを忘れそうになる

2018年6月6日付け「編集手帳」要約 「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。 それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。 どんな裁判になるのだろう。 …

2018.06.12付け「編集手帳」要約

微動だりしないちゃぶ台を願う

2018年6月12日付け「編集手帳」要約 〈ちゃぶ台返し〉 英語でも、〈ちゃぶ台〉を〈テーブル〉に代えるだけで通じるらしい。 トランプ米大統領、G7のホスト国、カナダのトルドー首相に対して怒りが抑えき …

2018.10.20付け「編集手帳」要約

建物が消えた世界を思い描く

2018年10月20日付け「編集手帳」要約 地球上の万物を支配するエネルギーに立ち向かい、 命や暮らしを守ってくれる人たちを想像していたので残念でしかたがない。 油圧機器大手KYBと子会社による免責・ …