編集手帳

小説を超える迫力ある教訓に

投稿日:2018年6月14日 更新日:

2018年6月14日付け「編集手帳」要約

約700人もの犠牲者を出した阪神大水害から今夏で80年となる。
関係自治体などが改めて当時の証言を集める活動を始めた。
その様子は、谷崎潤一郎の『細雪』にある。
谷崎はその取材時に、学校で生徒の作文をたくさん見せてもらったと明かす。
かつての作文の主が証言してくだされば、それ以上心強いことはない。
小説を超える迫力で未来への教訓になろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.02付け「編集手帳」要約

代償が大きすぎる

2017年4月2日付け「編集手帳」要約 多くの場合、机上の論に経験はまさる。 経験が当てにならない場合もある。 「過去になかった」と洪水や土砂崩れのあった地域の住民が途方に暮れる。 これもまた人が経験 …

2017.07.24付け「編集手帳」要約

水中遺跡の保護の理解を

2017年7月24日付け「編集手帳」要約 日本には、387の水中遺跡が確認されている。 しかし、諸外国と比べ、保護体制の遅れも指摘されている。 文化庁の有識者会議は、水中遺跡保護のあり方についての提言 …

2017.09.08付け「編集手帳」要約

代書せず

2017年9月8日付け「編集手帳」要約 元神戸市議が政務活動費の不正使用で辞職した。 落語の『代書』の住人と違って、悪質極まりない。 「号泣議員」にとどまることなく、不正が続いているのは、公金感覚が欠 …

2017.12.22付け「編集手帳」要約

月で働く時代が近づく

2017年12月22日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が先ごろ、有人月探査を再開すると発表した。 月を周回する宇宙基地を作り、そこを足場に月に人を送り込む。 月探査には中国も並々ならぬ意欲を示す。 …

2018.01.18付け「編集手帳」要約

ふるさとから受けた恩恵

2018年1月18日付け「編集手帳」要約 芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)は、郷里の「方言」から恩恵を受けた。 作家を目指して何年も苦闘を重ねたが、かつてなじんだ方言に着目したとたん、筆がどんど …