編集手帳

まだ分からない

投稿日:2018年6月13日 更新日:

きのう、米朝首脳会談が行なわれ、トランプ大統領、金正恩委員長の〈口〉がどう動くかに世界中が注目した。
〈和〉はなされたのか。
正恩氏が朝鮮半島の非核化を約束し、トランプ氏が北朝鮮の体制の保証を確約する共同声明が署名された。
詰めの作業はこれからという。
急いてはいけないのかもしれないが、もどかしい。
拉致被害者とその家族を安らぎにつつむ花が〈咲〉いたかどうか、まだ分からない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.11付け「編集手帳」要約

「重」い「言」葉

2018年1月11日付け「編集手帳」要約 意味の重複することがを重言というが、車に関するものが多い。 言葉の神様があえてくどい言い回しで安全への思慮を促しているように思えなくもない。 免許の返納を家族 …

2017.03.28付け「編集手帳」要約

寡黙な花に男泣きがよく似合う

2017年3月28日付け「編集手帳」要約 人は以前ほど泣かなくなった。 教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、 泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。 大相撲春場所で負傷を押して強行出 …

2018.03.20付け「編集手帳」要約

芝生はあまり青く見えないかも

2018年3月20日付け「編集手帳」要約 亡命した元ロシア軍大佐と娘が神経剤で襲撃された事件。 英国のメイ首相は情報活動に従事していたとして、露外交官23人を追放した。 プーチン氏は大統領選で7割以上 …

2017.08.23付け「編集手帳」要約

大人の失地回復に周囲の責任は重い

2017年8月23日付け「編集手帳」要約 元国連事務次長の明石康さんは、 敗戦を機に鬼畜米英を叫んでいた先生や指導者が一変した様子を見て、 「大人は信用できないない」と思った。 山梨県甲州市の中学の校 …

2018.01.18付け「編集手帳」要約

ふるさとから受けた恩恵

2018年1月18日付け「編集手帳」要約 芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)は、郷里の「方言」から恩恵を受けた。 作家を目指して何年も苦闘を重ねたが、かつてなじんだ方言に着目したとたん、筆がどんど …