編集手帳

喋った方がいいのか

投稿日:2018年6月8日 更新日:

2018年6月8日付け「編集手帳」要約

日本動物園水族館協会に次の倫理規定がある。
〈過度な擬人化は行ってはならない〉。
「過度」の解釈は施設により様々で混乱も少なくない。
人気の動物の写真集に「ぼくを見て」と吹き出しをつけようものなら、抗議を受けることもあるとか。
カニがカニっと、トラはトラっと、ウニはウニっとしているところで誰かを喜ばせている。
しゃべった方がいいのか、黙りこくった方がいいか。
それは分からない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.12付け「編集手帳」要約

心の美醜も皮一重

2017年5月12日付け「編集手帳」要約 〈鉄面〉「公平剛直で権勢を恐れないこと」(『日本国語大辞典』小学館)。 それが〈鉄面皮〉と一文字を足すと、「恥を恥とも思わないこと」と早変わりするのだから言葉 …

2017.03.24付け「編集手帳」要約

“真”はどっちだ

2017年3月24日付け「編集手帳」要約 「確かにもらった」と語る、籠池氏の物語。 「渡していない」と安倍昭恵首相夫人の物語。 “真”はどっちだろう。 あった事実は証明できても、なかった事実は証明しに …

2018.05.03付け「編集手帳」要約

こらっ、としかる大人が必要だ

2018年5月3日付け「編集手帳」要約 愛知県の犬山高校で、サッカー部が学業成績で「1」をもらった部員を丸刈りにさせていた。 学校側は体罰と受け取られかねないとして、やめさせた。 当然と思いつつも、勉 …

2017.09.08付け「編集手帳」要約

代書せず

2017年9月8日付け「編集手帳」要約 元神戸市議が政務活動費の不正使用で辞職した。 落語の『代書』の住人と違って、悪質極まりない。 「号泣議員」にとどまることなく、不正が続いているのは、公金感覚が欠 …

2018.05.22付け「編集手帳」要約

お後がよろしくないようで

2018年5月22日付け「編集手帳」要約 古典落語『鰻屋』に出てくる与三郎と呼ばれるウナギは、開業以来、板前と追いかけっこをしながらしぶとく生きている。 狛江市の高橋都彦市長はしぶとさなら与三郎級だろ …