編集手帳

こんな切ない詩は見たことがない

投稿日:2018年6月7日 更新日:

2018年6月7日付け「編集手帳」要約

虐待死した船戸結愛ちゃん。
父親の雄大被告に指示され、毎朝自分で目覚まし時計をかけて寝床から起きだし、一人ひらがなの練習をしていたという。
大学ノートにしるした“朝の思い”。
こんな切ない詩は見たことがない。
窓から朝の光がさし始めた頃、けなげに一生懸命書いていたに違いない。
とってもえらい子だよ、結愛ちゃん。

 

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.19付け「編集手帳」要約

その人が残した、豊穣な麦の実

2017年7月19日付け「編集手帳」要約 日野原重明さんは、ハイジャックされた「よど号」の中で『カラマーゾフの兄弟』の一節を印象深く読み、 「業績をあげて有名な医者になる。そういう生き方はもうやめた。 …

2017.03.15付け「編集手帳」要約

ピカッと光るものがある

2017年3月15日付け「編集手帳」要約 関西弁には、笑いを誘い、人の心を弾ませる魅力がある。 万博の大阪誘致をめぐり、経産省が関西弁の報告書を作成した。 世耕経産相が陳謝して撤回を指示した。 “スベ …

2018.03.15付け「編集手帳」要約

魂が実証の旅に出かけた

2018年3月15日付け「編集手帳」要約 ノーベル賞は実験で検証されるもののみ賞が与えられると伝えられる。 そんな理由から、この人に送られることはないだろう。 「車いすの宇宙物理学者」スティーブン・ホ …

2018.01.03付け「編集手帳」要約

本と読者の出会いにつながるといい

2018年1月3日付け「編集手帳」要約 いまは思う存分、本を読む時間はなかなかとれない。 だが、タレントがテレビで紹介した本が緊急増刷されるということがある。 きっかけがあれば良書を手に取る人は多いと …

2017.04.11付け「編集手帳」要約

48年後

2017年4月11日付け「編集手帳」要約 科学の進歩は想像を超えている、だから48年後をあまり暗い顔で見つめることはすまい。 48年後、日本の人口は8808万人減少し、約4割が高齢者が占めるという。 …